細胞はどのような構造をしているの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は細胞の構造について解説します。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

細胞はどのような構造をしているの?

私たちの体はきわめて多数の細胞で出来上がっています。1つひとつの細胞は、顕微鏡で見なければ確認できないほどの小ささですが、驚くべきことに、これらの細胞はあたかも1つの社会のような機能を持っているのです。

 

細胞の一番外側にあるのは、脂質二重層といわれる細胞膜です。細胞膜はもちろん、細胞の中身を守るための仕切りという側面もあります。それだけでなく物質の出入りを調節したり、ホルモンを受け取るといった役割もあります。生命活動に必要な物質も、細胞膜を通って細胞のなかに入ってきます。細胞膜を通過するためには、物質は小さな分子にまで分解されなければなりません。

 

細胞膜の中は細胞質(細胞内基質)という液体で満たされており、中心に大きな核があります。細胞質のなかには、ゴルジ装置、ミトコンドリア、小胞体、リボソーム、リソソーム(水解小体)などの細胞小器官があります(図1)。

 

図1細胞の内部構造(細胞小器官)

 

メモ1原形質(サイトゾル)

細胞は半流動性のコロイド溶液である原形質(サイトゾル)が、細胞膜で包まれたものです。原形質(サイトゾル)は細胞質から核や細胞小器官を除いた部分です。

 

【コラム】細胞、組織および器官

細胞とは、生体を構成する最も小さな生命単位です。細胞には約200~300の種類があり、似た細胞同士がくっついてグループを作っています。これを組織といいます。

 

さらに様々な組織が集まり、器官を作ります。粘膜組織や筋肉組織、腺組織などが集まってを作るといった具合です。人体には胃、腸、膵臓肝臓、肺、心臓、血管などの様々な器官があり、それぞれ独自の働きをしています。

 

独自といっても、互いに協力しながら機能している器官もあります。こうしたグループを器官系といい、消化吸収に係わる器官を消化器系、呼吸に係わる器官を呼吸器系というように分類しています。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ