腹腔鏡下で造設されたストーマの特徴と観察ポイントは?|消化管ストーマの術後ケア

『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95』より転載。
今回は、腹腔鏡下で造設されたストーマの特徴と観察ポイントについて解説します。

 

腹腔鏡下で造設されたストーマの特徴と観察ポイントは?

 

基本のストーマの観察に加えて,腹腔鏡操作のためのポート挿入部の創についてもストーマとの位置関係や異常の有無など観察を行う必要があります.

 

解説

カメラや鉗子の挿入のためのポートを配置する創が数カ所必要になります(図1).

 

図1腹腔鏡下でのストーマ造設術のポート配置の例

腹腔鏡下でのストーマ造設術のポート配置の例

 

この創が皮膚保護剤貼付部の範疇にできる場合があります.とくに問題なく創治癒に至ることが多いですが,なかにはポート部の創が離開・感染し,滲出液や排膿がみられる場合があります.

 

そのような場合,ストーマ装具の面板の溶解がみられ,漏れにつながる場合もあります.皮膚保護剤貼付部内に創がある場合は,ストーマ装具交換の際にしか観察することができないため,ストーマの観察とともにポート部の創周囲の炎症などの所見を観察し,異常がある場合には医師に報告します.

 

どのような内容の手術かにもよると思いますが,臍部に数cmの創ができる場合があり,開腹手術で臍を側方によけて正中切開されるときよりも,臍の方向に向けてのしわやくぼみが生じやすい印象があります.

 


[引用・参考文献]

 

  • 1)宮本和俊.“消化管ストーマの手術と合併症”.小児創傷オストミー失禁管理の実際.溝上祐子ほか編.照林社,2010,23─32.
  • 2)津畑亜紀子.トラブルが起こった時のための指導.消化器外科ナーシング.14(2),2009,178─85.
  • 3)山田陽子.“周術期ケア”.ストーマリハビリテーション 実践と理論.ストーマリハビリテーション講習会実行委員会編.金原出版,2006,166─72.
  • 4)中越亨.“消化管ストーマの種類”.前掲書 3),42─5.
  • 5)日本ストーマリハビリテーション学会編.ストーマリハビリテーション学用語集.第2 版.金原出版,2003.

 


[Profile]
保刈 伸代 ほかり・のぶよ
東邦大学医療センター大森病院看護部/皮膚・排泄ケア認定看護師

 

*所属は掲載時のものです。

 


本記事は株式会社メディカ出版の提供により掲載しています。

 

[出典]『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!』(編著)菅井亜由美/2013年4月刊行

 

ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!

 

SNSシェア

看護知識トップへ