正中創や横切開の上に造設されたストーマの特徴と観察ポイントは?|消化管ストーマの術後ケア

『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95』より転載。
今回は、正中創や横切開の上に造設されたストーマの特徴と観察ポイントについて解説します。

 

正中創や横切開の上に造設されたストーマの特徴と観察ポイントは?

 

切開創の上にストーマが造設された場合,切開創部の排泄物による汚染を完全に予防することは難しく,創感染や離開のリスクは高くなります.
ストーマ装具交換の際には,ストーマだけでなく切開創の状態を観察することが大切です.

 

解説

腹膜播種や癒着,低出生体重児のストーマ造設などにより腸管を十分に腹壁まで持ち上げることが不可能な場合などに,切開創の上にストーマが造設される場合があります(図1).

 

図1切開創の上に造設されたストーマ

切開創の上に造設されたストーマ

 

その場合,清潔に保ちたい術創と排泄物の出口であるストーマとを一緒に管理することとなります.術後のゆるい排泄物で面板が溶解し創汚染することを予防するために,耐久性の高い皮膚保護剤を選択することがあります.

 

また,切開創の凹凸により面板の皮膚の密着が得られにくく,凹凸から排泄物がもぐり込むことを予防するために,凹凸部を用手形成皮膚保護剤で保護する(図2)などして創汚染をできる限り回避します.

 

図2創部を用手形成皮膚保護剤で保護

創部を用手形成皮膚保護剤で保護

 

また,排泄物の漏れが生じて創を広範囲に汚染することがないように,装具交換の頻度は慎重に設定する必要があります.

 

上記のケアに努めても感染・離開を起こすことがあり,装具交換実施時にはストーマだけではなく切開創の状態も観察し,切開創部への汚染の有無や程度,感染の徴候(発赤,疼痛,熱感,腫脹)がないか,縫合の状態はどうかなどを観察・記録していきます.

 


[引用・参考文献]

 

  • 1)宮本和俊.“消化管ストーマの手術と合併症”.小児創傷オストミー失禁管理の実際.溝上祐子ほか編.照林社,2010,23─32.
  • 2)津畑亜紀子.トラブルが起こった時のための指導.消化器外科ナーシング.14(2),2009,178─85.
  • 3)山田陽子.“周術期ケア”.ストーマリハビリテーション 実践と理論.ストーマリハビリテーション講習会実行委員会編.金原出版,2006,166─72.
  • 4)中越亨.“消化管ストーマの種類”.前掲書 3),42─5.
  • 5)日本ストーマリハビリテーション学会編.ストーマリハビリテーション学用語集.第2 版.金原出版,2003.

 


[Profile]
保刈 伸代 ほかり・のぶよ
東邦大学医療センター大森病院看護部/皮膚・排泄ケア認定看護師

 

*所属は掲載時のものです。

 


本記事は株式会社メディカ出版の提供により掲載しています。

 

[出典]『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!』(編著)菅井亜由美/2013年4月刊行

 

ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!

 

SNSシェア

看護知識トップへ