できれば座位または半座位で服用させるのはなぜ?|経口与薬

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は服用する際の体位に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

できれば座位または半座位で服用させるのはなぜ?

座位あるいは半座位で服用させるのが望ましいのは、こうした姿勢が最も誤嚥を予防できるからです。

 

自分で座位を取ることができない患者は、ベッドを30~80度程度に挙上させるとよいでしょう。薬を飲み込む時、頚部をやや前屈させるようにすると食道が広がり、誤嚥の危険性が少なくなります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ