血管が細い時、温めるのはなぜ?|点滴静脈内注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は点滴静脈内注射の穿刺に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

血管が細い時、温めるのはなぜ?

温めることによって血管が拡張し、穿刺を行いやすくなるからです。穿刺部位を軽く叩く、心臓部より低い位置にする、親指を中にして手を握ったり開いたりする―など、血管拡張のための方法はいくつかあります。

 

上肢の血管が細くて穿刺しづらい場合は、末梢部から上腕まで蒸しタオルを巻いてビニール袋の中に入れ、さらに上からバスタオルで覆って5〜10分温湿布をすると効果的です。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ