患側に穿刺するのを避けるのはなぜ?|点滴静脈内注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は点滴静脈内注射の穿刺に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

患側に穿刺するのを避けるのはなぜ?

片麻痺の場合、麻痺がある側は痛覚が障害されている可能性があります。そのため、輸液が血管外に漏れて組織に損傷をきたしたとしても、痛みを感じないことがあります。

 

可能であれば患側の穿刺を避けるのは、発見が遅れる危険性を少なくするためです。特に、漏れによって組織の壊死を起こしやすい抗癌薬などは、注意が必要です。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ