温罨法を行うのはなぜ?|温罨法

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は温罨法に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

温罨法を行うのはなぜ?

温罨法(おんあんぽう)は、温熱刺激を体の一部に与えて血管、筋、神経系に作用させ、血液やリンパ液の循環を促進したり、老廃物の排出を促したり、筋肉の緊張や疼痛を緩和するなどの目的で行います。

 

便秘や鼓腸(こちょう)がある場合には、腹部あるいは腰背部に温罨法を施すと、自然な排便や排ガスを得やすくなります。また、腰背部への温罨法は排尿を促す効果もあります。

 

温罨法の特徴は、「心地よい全身の温かさ」です。温熱刺激で加温された血液が拡張した血管をゆっくりと循環することで、保温効果が生じます。また、温罨法によって鎮痛効果がもたらされるのは、温熱刺激そのものと、痛みで緊張した筋が弛緩することの相乗作用であるとされています。

 

温罨法には、乾性(かんせい)と湿性(しっせい)があります。

 

乾性の温罨法で用いる物品は、湯たんぽ、カイロ、電気あんか、電気毛布などです。熱気浴、光線照射などを行う場合もあります。

 

湿性の温罨法には温湿布、温ハップ、ホットパック、部分蒸気浴、部分温浴などがあります。患者の体調に応じて物品を選択し、体の一部を温める場合、全体を温める場合など、用途によっても使い分けます。

 

図1温罨法の用具

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ