オムツ交換の時に陰部を観察するのはなぜ?|オムツ介助

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回はオムツ交換に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

オムツ交換の時に陰部を観察するのはなぜ?

オムツを着用していると、排泄物による刺激でかぶれが生じやすくなるからです。陰部だけでなく、オムツで覆われている部分の皮膚全体を観察することが重要です。

 

オムツ使用で生じやすいのは、外陰部皮膚炎(尿、便、オムツ素材による刺激)、皮膚真菌感染(湿潤によるカンジダ菌の増殖)、尿路感染(細菌汚染による逆行性感染)、褥瘡(蒸れや湿潤)などです。

 

陰部の洗浄の時に、石鹸の成分が残らないように十分に洗い流し、湿気を乾燥させることも必要です。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ