敷きシーツを順手でマットレスの下に入れるのはなぜ?|ベッドメーキング

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は敷きシーツ(ベッドメーキング)に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

敷きシーツを順手でマットレスの下に入れるのはなぜ?

ベッドの上面には凹凸があることが多く、皮膚が薄くて弱い甲を下にすると傷つく危険性があります。また、逆手で行うと、手の平は汗をかきやすいため、手の平にシーツがくっついて、せっかくしっかりと入れたのに出てきてしまうこともあります。これを防ぐために、敷きシーツをマットレスの下に入れる時には順手(手の平を下に向けた状態)で行います。

 

マットレスの縁に平行に下がったシーツを強く引っ張りながら、手の平を下に向けてマットレスの下に入れましょう。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ