事前に物品を準備しておくのはなぜ?|ベッドメーキング

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回はベッドメーキングの準備に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

事前に物品を準備しておくのはなぜ?

効率よく作業することによって、短時間でベッドを整えるためです。

 

何度も物品を取りに行くようなことがないように、あらかじめ必要な物品を用意しておきましょう。リネン類などは一定の畳み方をし、使用する順番に輪を手前にして重ねておくと、効率的に進められます。短時間でベッドを整えることは、患者の安楽にもつながります。

 

必要とする物品は、マットレス・パッド=1枚、ベッド・スプレッド=1枚、敷きシーツ=1枚、掛けシーツ=1枚、毛布=1枚、枕=2つ(大小各1つずつ)、枕カバー=各1枚など。必要に応じて防水布、横シーツなどを用意します。

 

図1ベッドメーキングに必要な物品

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ