マンシェットの下縁が、肘関節より上になるように巻くのはなぜ?|血圧測定

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回はマンシェットを巻く位置に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

マンシェットの下縁が、肘関節より上になるように巻くのはなぜ?

マンシェットの下縁が肘関節(ちゅうかんせつ)に近すぎると、聴診器とマンシェットが接触して雑音が入り、正確な音の変化をつかむことができません。マンシェットの下にチェストピースを差し入れることも、同様の理由で禁物です。

 

マンシェットを巻く時には、肘関節部の上腕動脈の拍動を触れる部位にチェストピースを当てられるように、やや余裕を残しておきましょう。

 

図1マンシェットを巻く位置

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ