気管チューブが抜けてしまったら、どうすればいい?|人工呼吸ケア

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。
今回は「気管チューブが抜けてしまった場合」に関するQ&Aです。

 

露木菜緒
国際医療福祉大学成田病院準備事務局

 

気管チューブが抜けてしまったら、どうすればいい?

 

まず、自発呼吸の有無を確認してください。自発呼吸がなければ、バッグバルブマスク換気を行います。自発呼吸があれば、酸素マスクによる酸素投与を行います。

 

〈目次〉

 

気管チューブが抜けてしまったら

気管チューブの予定外抜去を発見したら、すみやかに人手を集め、医師への報告、救急カート、再挿管の準備を依頼する。

 

自発呼吸の有無、意識の変化、循環動態の確認をする。

 

気管チューブが抜けてしまった場合、気道の評価をせず抜管に至っていること、カフが膨らんだまま抜去されたことによる声帯や気道粘膜の損傷が生じている可能性があることから、気道浮腫のリスクが高い。そのため、上気道閉塞症状(嗄声など)の出現には十分注意する。

 

自発呼吸がない場合:再挿管が必要

自発呼吸がない(または不十分である)ときは、患者を水平仰臥位として気道確保を行った後、バッグバルブマスクにて手動的に換気を行う。

 

再挿管が必要である。必要に応じて鎮静薬を用いて気管挿管を行う。

 

再挿管時は、気道浮腫によって同じサイズの気管チューブが入らない場合があるため、サイズの小さいチューブも用意しておく。

 

自発呼吸がある場合:酸素投与を実施

自発呼吸がある場合は、酸素マスクを装着して酸素投与を行う。

 

酸素濃度は、予定外抜去前と同程度から始め、SpOが低ければすみやかに増量する。ただし、COPD(慢性閉塞性肺疾患)患者は、高濃度酸素投与によってCOナルコーシスをきたし、呼吸停止に至ることがあるため、低濃度の酸素投与から始め、呼吸パターンに注意する。

 

自発呼吸が十分あり、人工呼吸器装着の必要性もない場合には、再挿管が不要である。

 

酸素投与を行うときは、その必要性を説明し、確実な投与と十分な加湿を行う。SpO、呼吸パターンの十分な観察も重要である。

 

略語

 

  • COPD(chronicobstructivepulmonarydisease):慢性閉塞性肺疾患

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ