気管チューブのカフ圧調整のタイミングは?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「気管チューブのカフ圧調整のタイミング」に関するQ&Aです。

 

露木菜緒
国際医療福祉大学成田病院準備事務局

 

カフ圧調整のタイミングは?

 

カフ圧の調整は、8時間以内に行います。オーラルケアなど、垂れ込みが起こりやすいケアの前などにも行ってください。

 

〈目次〉

 

カフの自然脱気時間を考慮

新品の気管チューブの場合、カフ圧が自然脱気によって5cmHO低下するまでには、約8時間かかる

 

カフ圧は、カフ圧計を外す手技によって2~3cmHO低下する(『気管チューブの適切なカフ圧は、いくつ?』)。そのため、カフ圧調整時に30cmHO程度にしておけば、8時間以内であれば20cmHO以上に維持できる。

 

垂れ込みが起こりやすいケア実施前

カフの自然脱気時間は、チューブの劣化状況や患者の状態によって異なる。そのため、常時エアリークなどを観察し、頸部の聴診とともにカフ圧調整のタイミングを考える必要がある。

 

カフは、垂れ込みを完全に防止することができないため、オーラルケアなど垂れ込みが起こりやすいケアの前にはカフ圧調整を行って、垂れ込みを防止する。

 


[文献]

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ