気管切開の方法と介助方法は?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「気管切開の方法と介助方法」に関するQ&Aです。

 

露木菜緒
国際医療福祉大学成田病院準備事務局

 

気管切開の方法と介助方法は?

 

気管切開は、マキシマムバリアプリコーションを徹底し、無菌的に実施します。介助者は、主に、気管切開中は患者への声かけ、モニタリングを行います。

 

〈目次〉

 

はじめに

気管切開のながれを以下に示す。安全・円滑に気管切開処置が行えるよう、介助者が手順を熟知しておくことが大切である。

 

物品準備

  1. 患者に説明する。
  2.  
  3. 術者に体位を確認し、肩枕などを挿入して術野を確保する。
  4.  
  5. 電気メスの対極板を貼り、術者に出力などを確認し、セットする。
  6.  
  7. モニタ未装着の場合、モニタを装着する。
  8.  
  9. 必要物品をそろえ、不潔にならないよう注意しながら開封していく。

 

術者の準備

術者の滅菌ガウン・手袋装着の介助をする。

 

気管切開の介助

  1. 術者が気管切開チューブのカフ損傷がないことを確認したら、カフ先端に潤滑剤を塗布する(カフ損傷の有無の確認方法は、気管チューブと同様)。
  2.  
  3. 術者が前頸部を消毒して穴あき覆布を被せている間に、必要物品を術者が操作しやすい位置にセットし、無影燈の位置を合わせる。
  4.  
  5. 口腔・気管吸引を行う。
  6.  
  7. 術者が局所麻酔(患者に局所麻酔薬を吸ってもらう)をかけ、気管切開が行われている間は、注意深く患者の状態を観察する。
  8.  
  9. 気管挿管されている場合は、術者とタイミングを合わせ、挿管チューブを抜く。
  10.  
  11. 気管切開チューブが挿入されたら、気管吸引を行う。
  12.  
  13. Yガーゼをはさみ、固定する。
  14.  
  15. 確実に気管に挿入されていることを確認する(胸郭の動きの確認、換気音の聴取)。
  16.  
  17. 気管切開孔周囲の出血や皮下気腫の有無を確認する。
  18.  
  19. 患者に気管切開が終了したことを伝える。

 

気管切開中の観察ポイント

バイタルサイン、SpOの変化を観察し、適宜術者に伝える。

 

患者の疼痛や苦痛を観察し、必要時は局所麻酔や鎮静薬について医師と相談する。

 

人工呼吸器管理がされている場合は、気道内圧や換気量などに注意する。

 


[文献]

  • (1)片岡英幸,北野博也:気管切開術の基本手技と合併症対策.日本気管食道科学会会報2012;63:201-205.
  • (2)水野勇司:さまざまな事故や合併症に注意が必要〜気管切開の管理〜.難病と在宅ケア2011;17:31-34
  • (3)3学会合同呼吸療法認定士認定委員会:3学会合同呼吸療法認定士 第18回認定講習会テキスト.2013:297.

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ