エアウェイの種類と使用方法は?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「エアウェイの種類と使用方法」に関するQ&Aです。

 

露木菜緒
国際医療福祉大学成田病院準備事務局

 

エアウェイの種類と使用方法は?

 

エアウェイは、舌根沈下による気道閉塞が疑われる場合の気道確保、または舌根沈下予防のために用います。種類としては、経口エアウェイ、経エアウェイ、ラリンジアルマスク、食道閉鎖式エアウェイがあります。

 

〈目次〉

 

経鼻エアウェイ(図1

図1経鼻エアウェイの挿入

 

意識がある患者には経鼻エアウェイを用いる。

 

1必要物品

手袋、潤滑剤、経鼻エアウェイ(男性7mm、女性6mmの内径のものがめやす)、安全ピン(脱落防止用に付属されている)

 

2挿入手順

  1. サイジングを行う(図1-A)。
    • 経鼻エアウェイは、鼻尖から耳朶までの長さのものを選択する。
    • 短すぎると気道確保ができず、長すぎると食道に迷入する。
  2. スタンダードプリコーションを実施し、患者を仰臥位とし、患者の頭側に立つ。
  3. 分泌物を吸引する。
  4. 経鼻エアウェイに潤滑剤を塗布する。
  5. 経鼻エアウェイをまっすぐ立てて持ち、鼻腔へ挿入する(図1-B)。
  6. 安全ピンを装着し、鼻腔内への入り込みを予防する(図1-C)。

 

経口エアウェイ(図2

図2経口エアウェイの挿入

 

意識がない患者には経口エアウェイを用いる。

 

意識のある患者に経口エアウェイを用いると、咽頭反射を誘発し、嘔吐する危険がある。

 

1必要物品

手袋、潤滑剤、経口エアウェイ

 

2挿入手順

  1. サイジングを行う(図2-A)。
    • 経口エアウェイは、口角から下顎角までの長さを選択する。
    • 長すぎても短すぎても上気道閉塞のリスクとなる。
  2. スタンダードプリコーションを実施し、患者を仰臥位として、患者の頭側に立つ。
  3. 分泌物を吸引する。
  4. 経口エアウェイを水で濡らす。
  5. 経口エアウェイの先端を口蓋側に向け、口腔へ挿入する(図2-B)。
  6. 半分ほど挿入したら、舌を押し込まないように注意しながら経口エアウェイを180度回転させ、先端を舌根部に向けて挿入する(図2-C)。

 

ラリンジアルマスク(図3

図3ラリンジアルマスクの挿入

 

ラリンジアルマスクは、気管チューブの先端にマスクが付いたような形をしている。

 

ラリンジアルマスクは、マスク部で喉頭を覆うことで換気ができる器具であり、喉頭展開が不要で、操作も簡便なのが特徴である。

 

ただし、シーリングには限界があるため、確実または長期に気道確保が必要な場合(人工呼吸器の装着が必要など)には、すみやかに気管挿管を実施する。

 

非熟練者が実施した場合は成功率が低いので、緊急の場で慣れていない器具を使用するより、気管挿管を選択するほうが安全である。

 

最近では、i-jel(アイジェル/インターサージカル)と呼ばれる新しい製品も登場している。これは、ラリンジアルマスクと同様の形をしているが、カフがなく、ラリンジアルマスクより迅速・確実かつ容易に挿入でき、非熟練者でも成功率が高い。

 

1必要物品

手袋、潤滑剤、ラリンジアルマスク、カフ用シリンジ

 

ラリンジアルマスクのサイズは、成人であれば4、70kg以上であれば5をめやすに選択する。

 

2挿入手順

  1. ラリンジアルマスクに空気を入れ、破損の有無の確認を行う(図3-A)。
    • カフ用シリンジをカフ用チューブに付け、最大に膨らませる。
    • 破損がないことを確認したら、カフ面を下にして指で押し下げながら、カフ用シリンジで空気を抜く。
  2. 潤滑剤を塗布する(図3-B)。
    • 潤滑剤は、開口部には塗らず、背面のみに塗布する。
  3. 患者の頭側に立つ。
  4. ラリンジアルマスクを挿入し、最大空気量を確認して空気を注入する。
    • 空気量のめやすは、ラリンジアルマスクのサイズが4であれば35mL、サイズが5であれば55mL程度である。

 

食道閉鎖式エアウェイ(図4

図4食道閉鎖式エアウェイ

 

食道閉鎖式エアウェイは、気管チューブの上下に2つカフが付いているような形をしている。食道カフと咽頭カフを膨張させて食道を閉鎖するとともに、咽頭カフにより咽頭を閉鎖し、換気を行う器具である。

 

長時間、食道閉鎖式エアウェイを使用すると食道損傷などの合併症を引き起こすため、2時間以上使用してはいけない。

 

1必要物品

手袋、潤滑剤、食道閉鎖式エアウェイ、カフ用シリンジ

 

2挿入手順

  1. 食道カフと咽頭カフに空気を入れ、破損の有無を確認する。
    • 破損のないことを確認したら、それぞれのカフの空気を抜く。
  2. 先端部分に潤滑剤を塗布する。
  3. 患者の頭側に立つ。
  4. 食道閉鎖式エアウェイが挿入されたら、最大空気量を確認して空気を注入する。

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ