酸素ボンベの残量チェック方法は?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「酸素ボンベの残量チェック」に関するQ&Aです。

 

露木菜緒
国際医療福祉大学成田病院準備事務局

 

酸素ボンベの残量チェック方法は?

 

酸素ボンベの残量は、圧力計でチェックします。「指示流量」と「ボンベの内容積」から「早見表」を活用しましょう。

 

〈目次〉

 

酸素ボンベの残量チェック時の注意点

・酸素ボンベと圧力計、圧力計と酸素流量計の各接続部から酸素の漏れがないか確認する。

 

・残量チェックは、酸素ボンベを立て、酸素流量計と残圧計が「0」を示す状態で行う。

 

・開栓時には、完全に開く。以前は「開けたら少し戻す」としていたが、これだと酸素残量があっても出なくなることがあるため、現在は完全開栓が推奨されている。

 

1酸素の残量の計算

使用可能時間は、圧力計の値・ボンベの容量・指示流量から計算できる。

 

まず、圧力計の単位(kgf/cmかMPa)、ボンベの内容積(ボンベに刻印されているVの値→3.5Lや10Lなど)を確認する。一般的に使用されているのは内容積3.5Lであり、ガス容量は500L(15mPa)である。

 

例:内容積3.5L(ガス容量500L)の新品のボンベから5L/分の流量で酸素を流した場合、100分(500L÷5L/分)酸素を供給できる。

 

残量計算の方法を(図1)に示す。

 

図1酸素残量の計算法

酸素残量の計算法

 

2早見表の活用(表1

計算が大変ならば、計算式を表にした「早見表」を活用する。

 

表1酸素の使用可能時間早見表(内容量3.5Lの場合)

酸素の使用可能時間早見表(内容量3.5Lの場合)

 

例:ボンベの圧力(MPa)が10のとき、酸素流量5L/分で使用すると使用可能時間は56分となる。

 

酸素ボンベ使用時は必ず残量を確認し、使用可能時間は余裕をもって使用する。

 

酸素ボンベの保管時の注意点

酸素ボンベ使用後は、必ず圧力計を0(ゼロ)にする。

 

圧力計がゼロになっていないときは、圧力計に圧力がかかっている状態であり、圧力計故障の原因となる。

 

圧力計がゼロになっていないと、開栓忘れが生じたときに、圧力計内部に残っていた酸素によって一時的に酸素が流れるため、開栓忘れに気づかないことがあり、危険である。

 

ボンベ使用中止後は、①バルブを閉じ、圧力計がゼロになったら、流量計をオフにする、という順で行うとよい。

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ