体液の量はどれくらい?|体液の成分と働き

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は体液の量に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

体液の量はどれくらい?

ヒトの体重の約60%は水で占められています。体重60kgであれば、体液の量は約36Lになります。その内訳は、細胞内液が40%、細胞外液が20%です。

 

細胞外液の内訳をみてみると、〔組織液、組織間液(間質液)〕が15%、血漿が4%、リンパや脊髄液が1%となっています(図1)。

 

図1体液の内訳

体液の内訳

 

体液量は性別によっても異なり、女性は体重の55%と、男性に比べて少なくなります。また、年齢によっても変化します。乳児は体重の約75%、成人は体重の約60%が体液ですが、高齢になるにつれてその割合は成人より低くなっていきます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ