脳神経と脊髄神経はどう違うの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「脳神経と脊髄神経」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

脳神経と脊髄神経はどう違うの?

末梢神経のうち、に出入りする神経を脳神経、脊髄に出入りする神経を脊髄神経といいます。この2つの神経系には、はっきりとした役割分担があります。

 

脳神経は全部で左右12対あり、性質から3つのグループに分けられます。

 

第1のグループは3大感覚器を支配する嗅神経、視神経、内耳神経、第2のグループは眼球や舌の運動を支配する動眼神経、滑車神経、外転神経、舌下神経、第3のグループはエラが進化してできた器官を支配する三叉神経、顔面神経、舌咽神経、迷走神経、副神経です。

 

迷走神経だけは内臓にまで支配領域が広がっていますが、ほかの11対の脳神経は、ほとんど頭部や顔面、頸部に支配領域が限定されています。 

 

これに対して脊髄神経は、左右31対あります。

 

頸神経8対、胸神経12対、腰神経5対、仙骨神経5対、尾骨神経1対という構成です。

 

それぞれの神経が支配する領域は決まっており、皮膚では帯状に分布します。これを皮膚分節(デルマトーム)といいます(図2)。

 

図2皮膚分節(デルマトーム)

皮膚分節(デルマトーム)

 

⇒〔解剖生理Q&A 記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ