胃液はどのような刺激で分泌されるの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

[前回]

逆立ちしても胃の内容物が逆流しないのはなぜ?

 

今回は「胃液の分泌」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

胃液はどのような刺激で分泌されるの?

胃液の分泌は、脳相、胃相、腸相の3層に分けて考えることができます。胃液の分泌をコントロールしているのは、神経とホルモンです。

 

おいしそうな食べ物を目の前にすると、視覚、味覚、嗅覚などが刺激されます。その刺激が副交感神経に伝わり、反射的に液が分泌されます。この反応は過去の条件付けによるもので、相(のうそう)といいます。

 

食物が胃の中に入って粘膜が機械的に刺激されることも、胃液を分泌させる要因の1つです。また、食物によって胃内のpHが上昇すると、ガストリンという局所ホルモンが分泌され、この刺激によって胃液の分泌が促されます。これを胃相(いそう)といいます。 胃の内容物が十二指腸に移ると、十二指腸からのガストリン分泌が促され、胃液の分泌が刺激されます。これを腸相といいます。 

 

反対に、胃液の分泌を抑制する働きがあるのは交感神経です。食物が胃から十二指腸に移動すると、エンテロガストロンというホルモンが分泌され、胃液の分泌を抑制します。また、心配事、悲しみなどの精神的な打撃によっても胃液の分泌は抑制されます。

 

[次回]

胃が消化酵素で消化されないのはなぜ?

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護ケアトップへ