静脈血はなぜ逆流しないの?

看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

[前回]

動脈と静脈の構造はどうして違うの?

 

今回は「静脈」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

静脈血はなぜ逆流しないの?

動脈血心臓の収縮によって押し出されますので、末梢にまで容易に到達します。

 

しかし、静脈血は心臓のような強力なポンプ作用の援助を受けませんので、心臓に戻るまでの間に逆流を防ぐシステムが必要になってきます。この逆流防止システムが、静脈弁です(図1)。

 

図1静脈弁の働き

静脈弁の働き

 

静脈血は胸郭内や右心房が陰圧になることで心臓に流れ込みます。しかし、手足が運動をしている時は遠心力が働き、血液が逆流しやすくなります。そのため、手足の末梢部に多くの静脈弁が作られ、静脈血の逆流を防いでいます。

 

また、運動時には骨格筋が収縮して筋ポンプの役割を果たし、血流を押し流します。その時、静脈弁が開閉することで血液の還流をさらに促します。

 

[次回]

動脈に起こる異常にはどんなものがある?

 

⇒〔解剖生理Q&A記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ