小脳はどんな働きをしているの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「小脳」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

小脳はどんな働きをしているの?

小脳運動の調節や熟練に関係する部分です。 

 

例えば、前に歩いていこうという大の指示がなされたとします。すると、目的の姿勢や動作がとられているか(まっすぐに立っているか、足の運びのバランスが取れているかなど)、体の各部の筋肉の緊張をチェックします。同時に、手の振り方を指示するなど、連動して目的の運動を行えるように指示するのが小脳です。 

 

出血や梗塞、腫瘍などで小脳が機能しなくなると、運動調節の指示を出せなくなり、ふらついたり(歩行障害)、動作がぎこちなくなったりします。

 

MEMO脳腫瘍

頭蓋内で、主にグリア細胞が異常増殖する疾患。進行すると脳を圧迫して障害を起こしますので、良性・悪性にかかわらず治療が必要です。小脳にできる髄芽腫は、悪性度の高い腫瘍です。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ