仕事がつらくてうつ病になった私を、夫が支えてくれた話|マンガ・看護師のリアル恋愛レポ(11)

看護師1年目のMさん。つらい時を支えてくれたのは…

 

看護師1年目のMさんは、働き出してすぐアプリで出会った彼と結婚し新婚ほやほや。夫は優しく穏やかで、クシャっと笑う所が好きです。プライベートの方は幸せいっぱいなのですが…

職場のプリセプターさんが怖いようです。「ここチェック抜けてたんだけど!何やってんの!?」と怒鳴るプリセプターに「すみません…」と委縮してしまうMさん。「あんな言い方しなくてもいいのにね…」「いや、私がいけないんです」と、他の人に比べて言い方がきついので周りの先輩がよくフォローしてくれていました。プリセプターさんの言うことももっともなのですが、(次は退院準備しなきゃ)とMさんが動こうとすると「ねぇねぇ」と話しかけ、「退院の準備した?ちゃんと書類確認してよね。お風呂の予約とオペの準備は?」と常に見張られていて思ったように動けません。(そんないっきにできないよ…)とMさんは困惑しました。

毎日注意されるうちに(何で私はできないんだろう)とだんだん自信を失っていきました。ある日、プリセプターさんと一緒に患者さんのケアに入っていると、「ありがとう、Mさんいつも丁寧にやってくれるから嬉しいわ」と声を掛けてくれました。初めて褒められて今まで頑張ってきた気持ちが報われた気がしました。しかし…「さっき患者さんあーやって言ってたけどさ、丁寧に時間かければ誰だってできるんだよ」とプリセプターさんが言いました。

「他の仕事こなしながら丁寧に早くできないとだめだよ」と言われたMさんは(…やっぱり私はだめなんだ…)と日に日に自分を責めるようになりました。(何で思うように動けないの?)(何で他の人ができていることができないの?)(何で?)と自分を責める言葉ばかり浮かんできてしまうのです。

最終的には人目もはばからず泣きながら仕事へ行くようになっていました。食べても吐き戻し夜も眠れなくなりました。心配になった同僚にすすめられて夫と一緒に精神病院へ行くことにしました。結果、重度のうつ病と診断され、休職することになりました。休職してからは、家事も何もせず1日中ただボーッとする毎日でした。

そんな私を見ても夫は黙って家事をしてくれて、泣いていればいつまでも抱きしめて頭をなでてくれました。「こんなんじゃ嫌になっちゃうよね。ごめんね」と泣きながらMさんが言うと夫は「君は君だよ。嫌いになるわけない。ゆっくり休もう」と言いました。「けど…早く働かないとみんなに迷惑かけちゃうし」とMさんが言うと

「仕事がつらいなら辞めていい。君の時間はお金じゃ買えないんだよ。そこまで苦しまなくていい」と夫はMさんを抱きしめて言いました。先のことへの焦りと不安で押しつぶされそうなMさんに大きな逃げ道を作ってくれました。その後病院を退職し薬を調整しながら療養しました。今は老健でパート看護師として働けるようになるまで回復しました。Mさんは(前の職場に比べて患者さんと接する時間が多くて私にあってるかも)と思えるようになりました。あの時自分のことを受け止めて常に見方でいてくれた夫には深く感謝するMさんなのでした。

このお話は、「ハナ」さんの投稿をもとに作成しています。

※この作品はフィクションです。実際のエピソードもとに、個人が特定されないよう一部を脚色しています。

 

 

人間まおさんに漫画化してほしい

看護師の恋愛エピソードを募集中!

ご自身のことでも、

周りの人のお話でもOKです。

 

※募集強化中のテーマ※

コロナ禍の恋愛、どうしてる?

 

応募はこちらのフォームから!

 

 恋愛エピソードを投稿する

 

 

 

☆『オペ看』発売中☆

 

講談社ヤングマガジンにて連載中の『オペ看』第3巻が絶賛発売中!

オペ看の書影

 Amazonで購入する 

1巻も発売中!

 

【著者プロフィール】

人間まお@ageomao

看護師・漫画家。

講談社ヤングマガジンにて連載中の『オペ看』原作を担当(漫画:ミサヲ)。

リイド社『私オペ看なんですが異世界で役に立ちますか?』1~2巻発売中。

ブログ:人間まおと愉快な仲間たち

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆老年看護の問題◆以下の中で、流動性知能はどれでしょうか?

  1. 直感力
  2. 創造力
  3. 自制力
  4. コミュニケーション力

10174人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8427人の年収・手当公開中!

給料明細を検索