意地悪ナースは敵?それとも…友達?|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(169)

(これまでの話は▶コチラ

尾田さんに絡まれる松本さん。その真意は…?

 

看護師の尾田さんは、同僚の松本さんの様子を見て、(最近元気ない…。あれからあの彼とはどうなったのだろうか…。恐らくうまくいってないと見た…!!人生は甘くないからね)と思い、「松本氏~。今日夜一緒に飲まない?」と声をかけました。

すると、松本さんは、「えっ…行かない体調悪いし。」ときっぱり。戸惑う尾田さんに「何か話したいことがあった?仕事のこと?話なら終業後で良ければ聞くよ明日は会議あるから今日が助かる。」と提案すると、「じゃ終業後休憩室でいい?私、医事課に書類届けてくるから。」とその場を去ってしましました。

なんだかサッパリしているような松本さんでしたが、実は…(違いますクヨクヨ悩んでいても仕方ないと気付いたのです。地域連携室のリーダーになる可能性も出てきた今仕事は抜かりなくやりたい。私を信頼してくれる人のためにもそれに仕事は私の味方だ。働いていれば孤独じゃないし辛くても体調が悪くても仲間が助けてくれる。この環境は私の支え。シングルで育てると決めた今しっかりしなくちゃと自分に喝を入れたのです。)と思っているのでした。

仕事終わり、休憩室で尾田さんの話を聞くと、「あの彼とどうなったのか気になってー
ねーねー別れたの?それとも結婚すんの?」と話しはじめました。松本さんは(仕事の話じゃねーのかよ)と殺意が芽生えながも、「……仕事の話じゃないなら帰るよ…しかも私のプライベートなことを…。」と席を立とうとしました。

そんな松本さんを引き止めると、「ひょっとして…ひょっとしてだけど妊娠してない?一人でいるときいつもしんどそうなんだけど…あの彼の子ども…?」と声をかけました。松本さんは平然を装いながら「関係ないでしょ?仕事の話じゃないなら帰るよ…。」と尾田さんに背を向けたままいいました。

尾田さんは、急にしおらしく「…なんかいつも一人で全部背負っちゃう感じで…ツラそうだからさ。」とポツリと言いました。すると松本さんに「……尾田さん…首突っ込みすぎじゃない?友達でもないのに…。」と言われてしまい。(友達…と思われてないのか私…地味にショック……。)と悲しむのでした。

松本さんはそんな様子にも気づかないまま、「…尾田さんとりあえず彼のことは何も聞かないでほしいし人にも言わないでほしい。特に人に言いふらすのだけはやめて。草壁先生と私が抱き合ってたって話流したの尾田さんでしょ!?」と指摘しました。尾田さんも観念して「あれは…うらやましくて…私も先生のこと好きだったし…しかも事実だし…職場であんなとこ見たらついつい…。」と認めました。

続けて、「でも今回は言ってないよ…!!ていうかー、あの人に草壁先生とあんたが抱き合ってた話したけど俺は信じるって言ってたし噂に左右されるのは本人の問題なんだよ。」と打ち明けました。さらりと言った尾田さんの発言に(な、なにてめ言ってんだ、コラーッ)と衝撃のあまり心で叫んでしまう松本さんなのでした。

 

 

☆『ナースのチカラ~私たちにできること 訪問看護物語』第3巻発売☆

月間『フォアミセス』で連載中の『ナースのチカラ~私たちにできること 訪問看護物語~』の3巻は絶賛発売中!

看護roo!での試し読みはこちらから

 

ナースのチカラ書影

 

 Amazonで購入する 

1巻2巻Kindle版も発売中!

 

『おうちで死にたい~自然で穏やかな最期の日々~』

1巻2巻3巻4巻5巻Kindle版も発売中!

 

【著者プロフィール】

広田奈都美(ひろた・なつみ) HP

漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫画家としてデビュー。著書は「僕達のアンナ」(集英社)、「お兄ちゃんがコンプレックス」、「ママの味・芝田里枝の魔法のおかわりレシピ」(秋田書店)他。

 

看護roo!での他の連載

ブランク16年の私が看護師に復帰した話

おうちで死にたい~訪問看護の現場から~

モンスター患者~みんなが困り果てた金田さんのこと~

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆感染症の問題◆定期接種である4種混合ワクチン(DPT-IPV)に含まれていない感染症は次のうちどれでしょうか?

  1. 破傷風
  2. 結核
  3. 百日咳
  4. ポリオ

1010人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8253人の年収・手当公開中!

給料明細を検索