【マンガ】こころのナース夜野さん(最終話)

(前回までのお話は▶こちら

自殺をしようとした患者さんが一時帰宅。

同行した精神科ナース・夜野さんは…。

 

時間のたった畳の血はふいてもなかなか落ちませんでした。血液はお湯だと固まるから、水の方がよい、重曹を降ってからこするとよい…など落とし方を調べて実践しました。落としている最中、酒木さんは自分の手元を見つめ、

 

 

 

「オレ、なんでこんなことしたんだろ…」とつぶやきました。

私はその姿をみて、『ふしぎだなぁ…もしあと数センチ深く刺さっていたり、刺した位置がずれてたら、酒木さんはこの世にいないんだ…』と思いました。

 

 

 

『でも結局今、生きてて、血ふいて、こんなことを思うんだ…。死のうとしている時、360度ある司会が、3度くらいになって、いつものその人ではなくなってるんだ。それが心の病気ってこと…。』と考えました。

 

 

 

そして私は、『いつもの自分のまま死ねないとしたら、それは人生もったいないな。
』と思いました。帰り道、バスの中で酒木さんは「オレ、仕事しているときはつらいと感じることはなかったんだ。それは甘えだと思っていたから。」と話し始めました。

 

 

 

「病気で仕事がなくなって、金もなくなって…。相談員に言われて近くのデイサービスに行ったけど、小便くさい呆けた年寄りばっかで、オレはこんなに落ちたのか、生きてても仕方ねえなって思うようになった。」と経緯を話してくれました。私は、「お金のこと、仕事のこと、これからひとつひとつ一緒に考えていきましょう。今はひとまず、酒木さんが生きててよかったです。」と伝えました。

 

 

 

1か月後、酒木さんは無事退院。ヘルパーさんを入れ就労支援を受け、月に一回通院をしています。しばらく経ったとき、「夜野さん!」と声をかけられ振り向くと、通院で来ていた酒木さんでした。酒木さんは、「暑くなってきたなあ。夏バテには気をつけてな。」と労ってくれ、帰って行きました。振り返り手をふってくれる酒木さんを見送りながら、『本来のその人になっていく。看護師はそのささやかなお手伝いをする仕事だ。』ということに気がついたのでした。

(おわり)

続きは単行本をチェック★

 

『こころのナース夜野さん』が単行本になります(小学館)

2020年1月10日(金)発売!

こころのナース夜野さん1巻書影

 Amazonで購入する 

 

 

【著者プロフィール】

水谷緑(みずたに・みどり)HP

水谷緑

著書は「コミュ障は治らなくても大丈夫」(吉田尚記、水谷緑)「まどか26歳、研修医やってます!」「あたふた研修医やってます。」(KADOKAWA) 他。小学館「いぬまみれ」にて犬漫画「ワンジェーシー」連載。

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆看護技術の問題◆右手背から点滴をしている患者さんの寝衣交換時の看護で正しいのは、次のうちどれでしょうか?

  1. 点滴ルートを外して寝衣交換を行う。
  2. 点滴ルートが抜けないように、看護師がすべて行う。
  3. 点滴の滴下は中止せずに寝衣交換を行う。
  4. 左袖から脱がせ、右袖から着せる。

8462人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8100人の年収・手当公開中!

給料明細を検索