看護学生さんへの対応|マンガ・こんな私も3年目~みちよのナース道【171】

これまでのお話

自分がされて嬉しかったことを、他の人にもする。これって大事なことですよね。

みちよは看護学生さんを指導する時、必ず名前を控えるようにし、一人ひとりのことを必ず名前で呼ぶようにしています。

というのも、みちよが看護学生時代に看護師さんから、「学生さ~ん」、ひどいときには「学生~!」と十把一絡げで呼ばれること多かったです。たまに名前で呼んでくれる看護師さんがいると、それだけでしっかり自分を見てくれているような気がして、とても嬉しかったからです。まだまだ指導力は未熟だからこそ、学生さんの気持ちに寄り添える看護師でいたいと思っています。

 


【著者プロフィール】

にわみちよ

埼玉県出身。高校の衛生看護科、看護専攻科を経て20歳で正看護師免許を取得、地元の総合病院に就職する。外科のほかに産科や企業看護師、産後ベビーシッターなども経験。妊産婦新生児向けのリフレクソロジーも行っている。H19年にマンガ家としてデビュー。最新刊『現役警察官の事件現場ナイショ話』 (バンブーエッセイセレクション)発売中!

 

『ナースになったらピュアな心がなくなりました。』 (バンブーエッセイセレクション) 好評発売中!

◆月刊誌『本当にあった愉快な話』(竹書房)

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆呼吸器の問題◆通常、パルスオキシメータで血中酸素濃度を正しく測定できるのはどの状態の患者さんでしょうか?

  1. 出血性ショックの患者さん
  2. 慢性閉塞性肺疾患の患者さん
  3. 一酸化炭素中毒の患者さん
  4. 心肺停止の患者さん

8506人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8129人の年収・手当公開中!

給料明細を検索