イヤではない相談|マンガ・こんな私も3年目~みちよのナース道【161】

これまでのお話

看護師だとわかると、気軽に相談してくる人がいますが…

タイトル:イヤではない相談。いつも「病気のことをプライベートでいきなりきかれても困る!」と言っているみちよ。でもある時、症状について相談を受けたとき、『全然イヤじゃない…!むしろ頼ってもらえてうれしい』と思える人がいることに気がつきました。なぜだろうと考えて結果、みちよは、その気持ちの違いを発見しました!

 

1.病気の時だけ頼ってくるわけじゃないこと。2.アドバイスをちゃんと受け入れてくれること。3.お礼を言ってくれること。「相談されることそのものがイヤなんじゃなくて、失礼な人に便利に使われることがイヤだったんだな。」としみじみ思うみちよなのでした。

 


【著者プロフィール】

にわみちよ

埼玉県出身。高校の衛生看護科、看護専攻科を経て20歳で正看護師免許を取得、地元の総合病院に就職する。外科のほかに産科や企業看護師、産後ベビーシッターなども経験。妊産婦新生児向けのリフレクソロジーも行っている。H19年にマンガ家としてデビュー。最新刊『現役警察官の事件現場ナイショ話』 (バンブーエッセイセレクション)発売中!

 

『ナースになったらピュアな心がなくなりました。』 (バンブーエッセイセレクション) 好評発売中!

◆月刊誌『本当にあった愉快な話』(竹書房)

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆フィジカルアセスメントの問題◆良性発作性頭位めまい症について正しいのはどれでしょうか?

  1. 中枢性めまいである。
  2. 持続時間は2~3分間である。
  3. 難聴や耳鳴りは伴わない。
  4. 発症はゆるやかである。

1045人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8129人の年収・手当公開中!

給料明細を検索