訪問先の家族を見てついしてしまうこと~訪問看護~|マンガ・病院珍百景

介護離職は、親にとっても心配なワケで…。

 

訪問先の家族を見てついしてしまうこと~訪問看護~

訪問看護のナース・晴子さんは、井上さんという女性の患者さんのところへ訪問看護に訪れました。訪問看護では

仕事を辞めて親を介護する人がわりといます。(「息子が母を」のケースに多い)

「母さん、おしりが赤くなってたのよくなってきたね」と声をかける息子さんを見て、晴子さんは『井上さんは、大切にされているんだな~』と思うけど

井上さんが亡くなった後、母親を失い、仕事も失った喪失感に襲われるかもしれない息子さんの人生を考えると

仕事を終えて家に帰っても、井上さんの息子さんと晴子の10才の息子を重ねてしまい、「だめよ!!せめて仕事はやめないでっ!!」といきなり叫んで息子を驚かせてしまうことがあります。roo.com/upload/images/togetoge/toge_171221_6.png

「アハハ何でもない!」と誤魔化しますが、患者さんを通して、つい自分の老後のシュミレーションをしちゃいます。

 


【著者】とげとげ。

 元看護師のイラストレーター。有名女性誌などで幅広く活躍しながら、2児の母としても絶賛奮闘中。

子育てエッセイマンガブログ『ママまっしぐら!』

http://www.togetoge.net/

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆看護技術の問題◆Eさんに対する食事介助法として、適切でないのはどれでしょうか?

  1. 「食事に異物が入っている」という訴えに対しては、誤解を招かないよう、きっぱりと否定する。
  2. できるだけ窓際や灯りの下など、明るい場所で食事を取ってもらう。また模様のないシンプルな食器を使用する。
  3. 食べない理由を親身な態度で患者さん本人に聞き、その理由に応じて薬剤調整や食形態の変更などを医師に依頼する。
  4. Eさんと普段接しない第三者に関わってもらう。

1984人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8060人の年収・手当公開中!

給料明細を検索