スムーズに退職するためのポイント

できることなら、反感を買うことなく気持ちよく退職したいもの。ですが、看護師が不足している病院も多く、場合によっては強烈な引き止めにあうことも。

辞められるつもりでいたのに、予想以上に強く引き止められて、「本当に辞められるのかな…」と弱気になってしまわないように、事前の準備を大切に。

退職交渉は転職活動の最後の難関。人によっては、「転職活動そのものより退職の方が大変」かも。

しっかり準備して臨みましょう。

退職交渉を始める前に…退職交渉を成功させる3つのポイント

伝え方がまずかったせいで引き止められて辞められなくなった…ということのないよう、退職交渉時は引き止め対策を入念に。

1. “退職のセンパイ”を見つける

退職の意思を伝える前に、前に勤めていた人にコンタクトを取り、どんな形で辞めたのか、反対されなかったか、など話を聞いてみましょう。

引き止めの強さや退職のしやすさは病院によってさまざまです。自分の勤めている病院が事前に辞めやすい職場なのかどうかを確認し、過去に退職した人はどんな方法で辞めたのか、リサーチが肝心。

2. 「辞める」という強い意志を持つ

しつこく引き止められたり、きつい言葉を浴びせられてもめげないこと。

注意すべきは「給料をアップするから」「夜勤をなくすから」と甘い言葉をかけられた際。
即答せず、それで本当に自分の悩みが解決するか、改めてよく考えてから判断するのがベストです。

3. どうしても続けられない理由を準備しておく

引き止めに合いそうだ、と予想が付いた場合には、少し退職理由をオーバーに説明する必要も。

例えば体調不良で辞める場合、「心配した家族が仕事を続けること自体に反対していますし、私自身ももう限界だと思っています」といった、詳しい説明を付け加えたり、場合によっては医師の診断書を見せたり…。

自分以外の人の意見も提示すると説得力が増します。

この他、交渉相手である看護師長や看護部長の人柄・考え方を踏まえた話し方ができると、必要以上に交渉が難航することも少ないでしょう。

「退職日、もう少し遅らせられない?」と言われたら

退職自体は了解されたものの、希望する退職日では折り合いがつかない…。

そんな場合は、どうしてもその日までに辞めなければいけない事情がない限り、病院側の提示した条件に従う方が、円満に退職できることが多いです。

但し、次の職場の入職日が既に決まっていて、間に合わない場合は別です。今の職場に事情を説明し、「その日までは厳しいですが、○月○日までなら居られます」と、お互いの妥協点を見つけましょう。

看護roo!転職サポート

看護roo!の無料転職サポートでは、入職先が決まった後の退職交渉もがっちりサポート。上司や病院側にどう伝えるかなど、円満に退職するためのアドバイスを行ったり、退職に関わるご相談のひとつひとつに応じます。

強烈な引き止めにあってしまったときも安心。ぜひご利用ください。

転職サポートに申し込む