ここでは、看護師さんが転職活動をするベストなタイミングについて解説します。

【転職活動スタートにベストな時期】(1)希望する職場・働き方が、大学・総合病院、大手訪問看護ステーション、大手介護施設、大手クリニックなどの場合→四月齊藤が一定規模ある→前年度の春。(2)希望する職場・働き方が、パートタイム・個人クリニックなどの場合、少人数の採用が不定期にある→入職したい2~3カ月前

※地域や希望する働き方によっては時期にずれが出ることがあります。転職を考え始めたら、eナースセンターや転職サービスなどに問い合わせてみることをおすすめいたします。

大学・総合病院/大手施設希望の場合

総合病院や大手施設への入職を希望している場合、入職するタイミングによって転職活動をする時期が異なります。
4月入職の場合と、年度途中の入職の場合で解説します。

次年度の4月に入職したい=前年度の4月~9月に転職活動

【例:4月入職したい人の転職スケジュール】

規模が大きく、4月に新卒・既卒ともに毎年一定数の採用をしている病院に4月入職をしたい場合は、前年度の4~5月頃から転職活動をスタートするのがおすすめ。

理由は、採用のピークは「夏」だからです。

具体的な転職活動の流れは、

  1. 5~6月(情報収集期)
    情報収集をする(求人を探す、条件を比較する、受けたい病院を見つける)
  2. 6~8月(書類作成・選考・面接期)
    履歴書や職務経歴書などの書類作成→応募→面接を繰り返す
  3. 7~9月(内定期)
    内定
  4. 内定~12月中(退職交渉期)
    師長に3月末で退職することを伝える
  5. 1~3月(退職準備期)
    通常業務+引き継ぎなど退職の手続き
  6. 3月末
    退職

とするのがよいでしょう。

看護師の場合、面接は1回という病院が多いので、早ければ夏になる前に就職先が決まるということもあります。

キャリアアドバイザー

最近の病院の採用の傾向として、毎年採用の開始時期や内定を出す時期がどんどん早くなっています。

4月の段階で次年度の4月入職者の採用をはじめている病院も…!

年度の途中で入職したい=できるだけ早めに転職活動

【例:年度途中で入職したい人の転職スケジュール】

ある程度規模の大きい施設へ、年度の途中で入職を考えている場合は、中途採用の求人数が多い秋~冬にかけて、転職を考えたタイミングでできるだけ早めに転職活動を始めることをおすすめします。

秋~冬頃に求人数が増加するのは、夏のボーナス後の退職者や、看護師がやむを得ない理由(産休、家族の事情による転居など)により退職をすることで、欠員が出てしまうため。

採用する病院側は、忙しくなる冬に向けて、「今年度内の3月"までに"、できるだけ早く入職してくれる人」を探しています。

よって、より早い時期に転職活動をした方が、ほかの求職者が多くなく、内定をもらいやすいのです。

また、3月までの入職であれば、4月からの入職にくらべ、希望する部署のスタッフの空き次第で配属先を調整してもらいやすいこともあります。

キャリアアドバイザー

年度の途中での入職を希望している方は、転職活動を始める時点で大まかに入職時期を設定しておき、その希望に合った求人を選びましょう。

基本的には内定後、速やかな入職が望ましいので、転職活動をしつつ退職についての情報収集や準備も進めておく必要があります。

パート・個人クリニックを希望する場合

希望入職時期の2~3カ月前から転職活動

【例:パート・クリニックを希望する人の転職スケジュール】

パートタイムや個人クリニックを希望している場合は、入職を考えている時期の2-3カ月前から転職活動をするのがおすすめです。

なぜなら、パートでの募集やクリニックなどの小規模な施設では、大手施設のように毎年一定数の採用をするのではなく、欠員が出たタイミングで採用をしていることが多いからです。

年間を通して各病院や施設から求人が出ていますが、以下のような時期には、比較的求人数が増える傾向にあります。

  • 夏・冬のボーナス前後
    (6~7月、12~1月頃)
  • 家族の都合で転居などが発生する時期
    (9~10月、3~4月頃)

キャリアアドバイザー

これ以外の時期でも、欠員が出たら1枠だけの求人が出ることもあるので、転職したい場合は求人をこまめにチェックしておき、退職交渉などがスムーズにできるように準備しておくとよいでしょう。

看護師の転職は何年目がベスト?

看護師の転職にベストな年次は、3年目以降といわれています。

一般的に、3年間看護師として働いた場合、

  • 基礎的な研修をすべて受講し、習得できている
  • 必要な看護技術が身についている
  • 転職先の病院で働き続けられると考えられる
  • 奨学金制度を利用していても、払い終えていることが多く退職しやすい

と判断されることが多いため、転職する際にも応募できる病院の数が増えます。

一方、1年目や2年目の場合、

  • 病院側が求める基礎的な知識・経験・技術が不足していることがある
  • 長期の就業が見込めるのか不安
  • 奨学金返済などのトラブルの可能性

といった懸念点があるため、応募できる病院が少なくなってしまうこともあります。

ただし、1年目や2年目という理由で転職できないというわけではないので、「辞めたい」と悩んでいる場合は、自分のいまのスキルや状況に合った病院があるのか、まずは情報収集をして考えてみるのもいいかもしれません。

転職活動の疑問を解決!Q&A

転職活動ってどのくらいの期間をかけるもの?

一般的に、1~6カ月程度です。

一般的に転職にかける時間は、「転職活動=情報収集~内定をもらうまで」とすると、

  • 最短2週間
  • 平均1~3カ月
  • 最長6カ月程度
    ※6カ月~1年先の転職を考えている場合

となります。

ただし、実際に応募して選考がスタートすると、そこからは2週間~1カ月程度で内定が出ることがほとんどです。

短い方がよいというわけでもなく、じっくり考えながら転職活動をする方もいますので、自分に合った転職活動をするのがベストだといえます。

多忙な時期は面接のスケジュールを調整したり、時間に余裕があればいくつかの病院をまとめて受けるなど、工夫をするとよいでしょう。

転職活動や入職に適さない時期はあるの?

「転職に適さない時期」というのは明確にはありません。

地域によっても差があったり、その年の退職者の数や、希望する働き方などによってもばらつきが出ます。

  • 首都圏・名古屋・大阪エリア

求人や採用は夏頃をピークに減少していくため、病院の選択肢の多さや採用される確率などを考えると、なるべく春~夏にかけて転職活動を始めた方が有利です。

ただし、ピークを過ぎてからの転職活動でも、求人が全くないということや、採用されないということはありません。

早めに求人を出し、採用をする病院も多くありますが、その年の新卒入職者の人数や、退職者による病院全体の動きが確定してから、採用を開始する病院もあります。

  • 東北・北陸・西日本全般(中四国・九州)エリア

時期にかかわらず、1~3カ月以内に入職する方を対象に求人募集をしている傾向があるようです。

そのため、求人数のピークなどは厳密に言えません。

キャリアアドバイザー

具体的に希望する病院が決まっている場合、その病院の採用がスタートする時期も把握しておきましょう。

ただし、入職を希望する1年以上前に転職活動をするのは不適切ですので、早すぎる転職活動にならないように注意してください。

復職ナースの入職のタイミングはいつがいいの?

復職におすすめなのは【4月】か【1月~3月】の間です。

4月、1~3月の入職をおすすめする理由は、病院によって異なる場合もありますが、「現場スタッフが復職者をフォローしやすい」ということにあります。

転職活動には平均で2~3カ月かかるため、早めに始動したほうがよいと考えると、前年の10月頃から転職活動をするのがよいでしょう。

おすすめする理由(一例)

4月

  • 新人と同じタイミングで入職するので、わからないことがあれば新人と一緒に聞きやすい
  • 新人研修に出られれば、看護技術などのおさらいができる

※病院により新人研修に出られるかどうかは異なります。

1月~3月

  • 新人を迎える前の時期になるので、現場のスタッフが復職した看護師のフォローをしやすい
  • 新人が入職して現場がバタバタする前に病院の雰囲気に慣れることができる
  • 病院によっては、新人研修に出られることもある

※病院によりフォロー体制や繁忙期は異なります。

キャリアアドバイザー

復職の際、ブランクが長く不安な場合は、入職後にどのように現場で働いていくのがよいか、応募先の病院に相談し、自分に合った復職のしかたを検討できるとよいでしょう。

復職で不安がある場合は、求人票の「復職ナース歓迎!」などのコメントにも注目してみましょう。

看護師の転職ガイド 転職活動がぐっと楽になる便利なガイド