毎日ルーティンばかりで楽しくなくてモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(36)

看護師かげと白石の今週のモヤッと。タイトルバナー

この連載では、総合病院で働く看護師のかげと中堅看護師の白石が、読者から寄せられた「看護の現場で感じるモヤモヤ」にお答えします。

 

みんなの「モヤッと」が「ピカッと」に変わりますように!

 

連載:看護師かげと白石の今週のモヤッと

Vol.36 毎日ルーティンばかりで楽しくなくてモヤモヤ

同じルーティンの仕事にモヤモヤする看護師のイラスト

 

看護師白石さんのアイコン

今回は、看護師2年目の方からのお悩みです。

 

 

精神科病棟で働いています。
毎日がルーティンばかりで楽しくない!

(なな 看護師2年目)

 

看護師かげさんのアイコン

毎日がルーティンかぁ…。

 

看護師白石さんのアイコン

たしかに、私も毎日同じ業務だと感じると、ツラくなっちゃうな。
何だか物足りなさみたいなものを、ときどき感じちゃうんだよね…。

 

 

「毎日が同じ業務」と感じる理由は…?

看護師白石さんのアイコン

今回は精神科のお仕事についてのお悩みということで、実際に現場で働いているスペシャルゲストをお呼びしました!

 

バンッ

 

おぬさんのアイコン

こんにちは~!
精神科看護師10年目のおぬまです。
どうぞ、何でも聞いてください!
 

看護師かげさんのアイコン

ありがとうございます!

 

看護師白石さんのアイコン

おぬまさんはSNSで知り合った精神科看護師さんで、よく飲みに行く仲なんだけど。
私自身、患者さんとのコミュニケーションで悩んだときに、話を聞いてもらったりしているんだ!
 

おぬさんのアイコン

今回のお悩みを読ませてもらいましたけど…、僕も気持ちはよくわかるんですよね。
急性期以外の精神科だと、バイタル測定して、入浴介助するだけの1日…なんてことも。
 

看護師かげさんのアイコン

お~、そうなんですね。

 

おぬさんのアイコン

身体的な治療に伴うケアや、処置なども少ないし、バイタルサインに異常があることも少なく、全体的に変化があまりないので…。
「毎日が同じ業務」と感じることはあるかもしれないな、と。

 

 

「あまり変化のない日常」をサポートする役割

おぬさんのアイコン
ただ、急性期以外の精神科って、患者さんの生活の中に看護師がお邪魔して、ケアをする場所だと思うんですよね。

 

だから、患者さんの日々の生活に変化を求めてはいけない…変化がないのが一番いい状態なのではと、僕は考えています。

 

看護師白石さんのアイコン

患者さんの日常に変化がないのが一番いい状態…。
具体的にどのようなことでしょうか?
 

おぬさんのアイコン

たとえば、みなさんの毎日の生活って大きな変化がしょっちゅうあったりしますか?


毎日のように体調が変わったり、何かトラブルがあったり…そんなことないですよね。

 

精神科の患者さんも同じです。


あまり変化のない日常を過ごしながら、患者さんの治療を進めていく場所なのかな、と。

 

看護師かげさんのアイコン

言われてみればそうですね!

 

おぬさんのアイコン

この「変化のない日常」というのが精神科の患者さんには特に重要だと思います。

 

精神科の患者さんは日々の小さな変化に敏感で、ちょっとした変化で動揺してしまうことも多いんですよ。

 

 

患者さんの状態は安定していても、些細な変化に目を凝らしてみよう

おぬさんのアイコン

「『変化のない日常』が精神科の患者さんには特に重要」という話をしました。

 

それと同時に、たとえ患者さんの状態が毎日安定していても、その日その日で微妙に違うという点も大事だと思うんですよね。

 

看護師白石さんのアイコン

と、いうと?
 

おぬさんのアイコン

たとえば、睡眠一つ取っても毎日同じなわけではないですよね。


ぐっすり眠れる日もあれば、眠りが浅かったりして熟睡できない日もあると思います。

 

だから、状態は安定していても、今日の患者さんの様子を見ていて「なんだか眠そう、昨日あまり眠れなかったのかな…」と、患者さんの些細な変化に気づくことがあります。

 

そうした細かな気づきが精神科看護では特に重要で、その気づきを基にケアの計画を立てたり、医師に報告・相談したりしていきます。

 

看護師かげさんのアイコン

なるほど…!

 

おぬさんのアイコン

「些細な変化をとらえてみよう」と意識してみると、「毎日同じでつまらない」という悩みが軽くなるかもです。
 

 

どんな看護に興味があるのか考えてみる

おぬさんのアイコン

相談者さんはどんな看護に興味があるんですかね…。

精神科での日々の業務がルーティンに感じてつまらないなら、毎日違うイベントが起こるような職場が良いのかと思ってしまうし。

 

看護師白石さんのアイコン

一般病棟と比べると、今の精神科のほうが患者さんと接する時間は多く取れそうですけど…。

 

おぬさんのアイコン

そうですね。
精神科看護の魅力の一つは、処置などを通して患者さんと接するのではなく、病棟で暮らす一人の生活者を支えるように接することができることかな、と個人的には思います。

 

患者さん同士の感情がぶつかり合うこともあるけど、人間模様の渦中にいる楽しさもある。


そうした感情の発露や、日常の些細な変化の両方をアセスメントしながら働くのが、精神科の面白いところかなと感じますね。

 

看護師かげさんのアイコン

おぉ、精神科ならではの魅力ですね…!

 

おぬさんのアイコン

そうですね。
相談者さんがこうした精神科の面白さに興味があるのか、別の領域や診療科がいいのか…。

 

そのあたりも視野に入れて考えてもいいかもですね。

 

ただ個人的には、「もうちょっと精神科で頑張ってみよう!」と思ってもらえたら、うれしいです。

 

 

それでもしんどくなったときの工夫

看護師白石さんのアイコン

「患者さんの日常に大きな変化がないのが一番いい状態」、そんな中でも「患者さんの些細な不調や変化に気づく大切さ」かぁ…。
私にはすごく新鮮だったなぁ。

 

でも、患者さんの些細な変化に毎日目をこらすのも、なんだかしんどくなっちゃうときってあるのかな、と…。

 

おぬさんのアイコン

たしかに、ずっと意識してるのもしんどいことはありますよね。

 

看護師白石さんのアイコン

そんなときは、自分で小さな目標を設定して、タイムアタック的に工夫するといいかも。

あくまで患者さんに関わらない業務で、記録や、物品の準備のときとかに。

 

看護師かげさんのアイコン

わかる!
僕もいつもは30分かかっているものを、「もう少しここ工夫したら20分でいけそうだな…」ってチャレンジすることあるよ!

 

おぬさんのアイコン

それも楽しそうですね!

 

看護師白石さんのアイコン

そうそう!
気が乗ってないときでも、モチベーションをアップできるし。
成功すれば達成感にもつながるし。

 

看護師かげさんのアイコン

ただやりすぎると、早くやることだけに意識が向いちゃうので、ほどほどがいいのかな(笑)。

 

看護師白石さんのアイコン

うん。

些細な変化をとらえようとしてみたり、しんどいときはタイムアタックしてみたり…。

 

それでも合わない…と思ったら、おぬまさんも言っていたように、異動や転職を考えたりするのも一つの方法だと私も思うな。
 

おぬさんのアイコン

うん、ゆっくり考えてみてくださいね。

 

看護師かげさんのアイコン

そうですね。
相談者さんが、楽しく働けることを願っています!
 

 

今週のピカッと


☆精神科では、患者さんの日常に変化がないようにサポートする役割もある

 

☆些細な変化に目を凝らしてみると、ルーティンだと感じなくなることもある

 

☆自分がどのような看護に興味があるのかを考えてみる

 

☆しんどく感じたときは、患者さんには関わらない業務で、タイムアタックなどの工夫も取り入れてモチベーションを維持してみる

 

 

かげ・白石に聞いてほしいモヤモヤは

こちらのフォームからどうぞ!
 

 悩みを相談する 

 

プロフィール

看護師のかげ(@877_727)

医療の勉強に役立つ(てほしい)絵や仕事でのほっこり話などをTwitterでつぶやいています。


10年以上病院で働いてきて、現在はいろんな場所で働いている看護師兼ライター。

最近は、後輩に飴ちゃんあげるおかん系看護師になりつつある。

 

イラスト/かげ

編集/木村さちこ(看護roo!編集部)

 

●書籍紹介

『ホントは看護が苦手だったかげさんの イラスト看護帖〜かげ看〜』

かげ 著、永岡書店

看護師かげさん著「ほんとは看護が苦手だったかげさんのイラスト看護帖~かげ看~」の写影
 

 購入はこちら 

 

 

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆フィジカルアセスメントの問題◆以下の中で、医療用語として実際にあるものはどれでしょうか?

  1. 爆血
  2. 斑毒痰
  3. 黒血枳棘
  4. 犬吠様咳嗽

9615人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8223人の年収・手当公開中!

給料明細を検索