看護師になった理由。「献身的な気持ちから…」というイメージと裏腹の現実的な考え方が浮き彫りに

「看護師になった理由」。

世間一般では「献身的な気持ちから…」という理由がよく言われるかもしれません。

しかし実際のアンケートでは看護師のリアリストぶりがよくわかる結果となりました。

看護師になった理由、何ですか?アンケートを表す図。1位 手に職をつけたかったから。2位 昔憧れていたから。3位 その他。 4位 自分や身内が入院した時に看護師を見て憧れたから。5位 身内(親・姉妹)に勧められたから。

看護roo!アンケート「看護師になった理由、何ですか?

【ライター:白石弓夏(看護師)】

 

 

1位 手に職をつけたかったから

安定した職でバランスを保つ看護師のイラスト

 

  • 専門職で資格があり、経済的にも安定しそうだから。 (りょーくんです。さん)
  • 母を見ていて、申し訳ないが誰かに扶養されずに生きて行けるようになりたかった。今だから言える本当の理由。面接の時は、受かりそうな理由を話しましたけど。(カーコさん)
  • 発端は、シングルマザーで手に職をつけてしっかり働きたいという思いでした。勤め先のオーナーが脳梗塞で倒れたため将来が不安になり、背中を押されたように看護学校を受験しました。(ななな23さん)
  • 心理関係の資格を取ったのですが就職難で…。看護師は食いっぱぐれないなと思い看護学校に行きました。(ゆずさん)

 

第1位は「手に職!」というシビアな意見が圧倒的でした。

コメント欄からは、さまざまな人間模様が垣間見られます。

 

経済的に「安定している」というイメージが根強い看護師ですが、膨大な座学、厳しい実習、テスト、国家試験…などを乗り越えてこそ勝ち取れる資格。

「手に職」というからには、生半可な気持ちでは挑めないんだぞ!という背景をもっと世間に知ってもらいたいところです。

 

 

2位 昔から憧れていたから

ナイチンゲールに憧れる学生のイラスト

 

  • 小さい頃に接した看護師に憧れたのが大きいかも…。(ねもちさん)
  • 物心ついた時からですが、理想と現実は違いますね。 (あけさん)

 

第2位は「昔から憧れていたから」。

小学生の「なりたい職業ランキング」でもよく上位にランクインする看護師。

未だ根強い白衣の天使のイメージや、医療ドラマの影響なのでしょうか。

 

コメントにもあるように、理想と現実にはギャップがあるもの。

ギャップと折り合いをつけ、乗り越えていく過程で、看護師は強くなっていくのだと思います。

 

 

3位 その他

人生の道から無理やり動かされる学生のイラスト

 

  • 親に無理矢理ならされた。芸術大学へ行きたかったが、大学に行くお金がなく、母がおかしくてヒステリー、父が暴力するから仕方なかった。でも、悔しいから、頑張った。(みゆりんさん)
  • 自分を変えるきっかけにしたかったから。(ピクルスさん)
  • ナイチンゲールと同じ誕生日で運命を感じたから。思い込みの激しい少女時代を過ごした(笑) (ぽたさん)
  • 滑り止めに受けた看護学校。大学落ちたので行きました。 (*つねさん*さん)
  • 祖母が亡くなる時、看護師に大変感謝していました。その看護師さんへの恩返しがしたかった。(よっちゃんさん)
  • 東日本大震災が起きて、たくさんの人々が現地へボランティアとして積極的に活動している中、私はただ見守ることしかできなかったので、今度は私が実際に看護師になって、たくさんの人々のケアにあたりたいと思ったから。(百華さん)

 

第3位「その他」に多くの意見が寄せられました。

家庭の事情や転機になるてきごとがあった人、「運命を感じた!」という人も。

 

人それぞれのドラマがあるんですね。

多様なバックグラウンドをもつ人が集まっていることも、看護の世界の面白さだと思います。

 

 

4位 自分や身内が入院した時に看護師を見て憧れたから

入院している患者さんに優しく声をかける看護師のイラスト

 

  • 中学時代、心疾患で検査入院時に素敵な看護専門職に出会って、この仕事に憧れました。(ネモミさん)
  • 小さい頃に接した看護師に憧れたのが大きいかも…。(あけさん)
  • 家族の看取りがきっかけ。(ニモコさん)

 

自分や身内が看護を受ける側だった経験を機に…という意見が4位にランクインしました。

看護師がテキパキと笑顔で働いている姿は、いつの時代も胸を打つものです。

 

 

5位 身内(親・姉妹)に勧められたから

看護専門学校の雑誌を見せながら、進路を進める家族のイラスト

 

  • やりたい職業もなかったので勧められるままに。 (香石さん)
  • じっとしての仕事、単調な仕事に向いていない。 医療は日進月歩、すぐに目新しいことがある方が、飽き性の私に合うかな?と思われ親に勧められました。(あわじろうさん)

 

中高生のときに、将来の職業を自分一人で決めるのは難しいもの。

私自身、看護学校に入る最後の一押しは母親からの勧めでした。

自分のことをよくわかっている人からの意見は、参考になるものです。

 

 

看護師になったきっかけは献身性だけではない

「昔から憧れていた」「自分や家族が入院していたときに憧れた」という意見も多かったものの、一番多かったのは「手に職をつけたかった」という意見。

看護は命を預かるシビアな世界だからこそ、特に経済的な安定なしにはやっていけません。

 

病棟で見せている笑顔の裏に、看護師としてのプロ意識があることを世間には広く知ってもらいたいものです。

【ライター:白石弓夏(看護師)】

【イラスト:オゼキイサム(HP)】

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでます

看護師になりたいキミへ|マンガ・ぴんとこなーす【106】

なりたい職業1位の看護師が思う「自分の子どもは〇〇になってほしい!」

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆看護技術の問題◆Eさんに対する食事介助法として、適切でないのはどれでしょうか?

  1. 「食事に異物が入っている」という訴えに対しては、誤解を招かないよう、きっぱりと否定する。
  2. できるだけ窓際や灯りの下など、明るい場所で食事を取ってもらう。また模様のないシンプルな食器を使用する。
  3. 食べない理由を親身な態度で患者さん本人に聞き、その理由に応じて薬剤調整や食形態の変更などを医師に依頼する。
  4. Eさんと普段接しない第三者に関わってもらう。

1943人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8060人の年収・手当公開中!

給料明細を検索