最終更新日 2017/12/22

トリプルA(腹部大動脈瘤)

トリプルA(腹部大動脈瘤)とは・・・

トリプルA(とりぷるえー)とはabdominal aortic aneurysmの略であり、腹部大動脈壁が拡張した疾患で、腹部大動脈瘤のことである。

腹部大動脈瘤は破裂をきたし致死的となる重症疾患の一つである。

著明な拡大をきたすまで無症状であることが多く、偶発的にレントゲンや腹部エコーで発見されることが多い。手術適応となるまでは外来にて厳格な降圧療法による管理を必要とし、定期的なCTでの瘤径の経過観察が重要である。

治療適応サイズまでの拡大をきたした場合は破裂を予防するため手術療法が選択される。主に、外科的治療の人工血管置換術か侵襲が少ない経皮的ステントグラフト移植術が行われる。

執筆: 森山典晃

湘南鎌倉病院 循環器科 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ