最終更新日 2019/10/24

口腔顔面失行

口腔顔面失行とは・・・

口腔顔面失行(こうくうがんめんしっこう、Bucco Facial Disabilility;BFD)とは、観念運動失行が口腔顔面領域に起こることである。頬部顔面失行、口部顔面失行ともいう。
口を開けたり、舌を出したりする動作が意識的にできなくなる。大脳の損傷によって引き起こされる(高次脳機能障害)。

執筆: 永澤成人

東京慈恵会医科大学医学部 看護学科老年看護学助教 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ