看護用語辞典 ナースpedia キーワード:デブリーフィング

デブリーフィングとは・・・

最終更新日 2018/11/08

デブリーフィング(でぶりーふぃんぐ、debriefing)とは、災害や精神的ショックを経験した人々に対して行われる、急性期(体験後2、3日~数週間)の支援方法のことである。心理的デブリーフィング(psychological debriefing、PD)とも言われる。
最近では、デブリーフィングが逆にPTSDの症状を悪化させるという報告もあり、災害直後の心理的デブリーフィングには否定的な見解もある。

デブリーフィングは元来、軍隊用語で「状況報告、事実確認」を意味し、前線から帰還した兵に任務や戦況を質問し、報告させることを指していた。
転じて、大規模災害や悲惨な死傷事故を目の当たりにした人々が、自身が体験した状況を正しく認識することが、ストレスによって引き起こされている自身の異常反応(不安感、抑うつ感など)が正常な反応なのだと認識することにつながり、ひいては回復へとつながってゆく。これを目指して行われることをデブリーフィング(心理的デブリーフィング)という。
デブリーフィングでは、トラウマとなるような出来事を体験した人がグループで2~3時間話し合い、互いを理解しあう雰囲気のなかで心に溜まったストレスを処理することを目指す。

また、チーム医療の視点から、事前の手順をチーム全員で確認するために行われる「ブリーフィング」に対して、チームで事後に振り返り、話し合うことなどを意味する言葉でもある。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

便秘タイプ別・上手な下剤の使い方|排便ケアを極める(3)

「下剤の投与」の方法を紹介!わかりやすいフローチャートや薬の一覧も。 [ 記事を読む ]

マスクが1日1枚…!!感染リスクを下げるにはどうすれば?

マスクの使用制限がある中で、看護師のみなさんが不安に思っていることを感染症専門医が解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「看護観」って実際ある?ない?

投票数:
1302
実施期間:
2020年03月10日 2020年03月31日

小さい頃の将来の夢はなんだった?

投票数:
1260
実施期間:
2020年03月13日 2020年04月03日

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1068
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2398
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
863
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
569
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6513

◆看護技術の問題◆気管吸引カテーテルについての説明で、正しいのはどれでしょうか?

  • 1.吸引カテーテルはその外径が人工気道の内径の1/3以上の太さのものは使用しない。
  • 2.開放式吸引に用いた吸引カテーテルは、滅菌すれば再利用が可能である。
  • 3.吸引カテーテルは聞き手で挿入し、吸引圧をかけずゆっくりと挿入する。
  • 4.一度で複数回吸引を行う場合は、カテーテル内腔の分泌物を除去するために、一回ごとに水道水を吸引する。
今日のクイズに挑戦!