最終更新日 2018/06/20

境界悪性腫瘍

境界悪性腫瘍とは・・・

境界悪性腫瘍(きょうかいあくせいしゅよう)とは、腫瘍の種類によって、良性・悪性の明確な判断が難しく、中間的な経過を示す腫瘍群のカテゴリのことを指す。

境界悪性腫瘍の細胞や組織は、顕微鏡像の上で良性腫瘍と悪性腫瘍の中間的な像を示し、また、間質浸潤はないかあってもわずかである。遠隔転移を来すことはほとんどない。患者予後の面からも同様に、良性腫瘍と悪性腫瘍の中間的な経過を示すことが知られている。卵巣腫瘍でこのカテゴリが採用されている。ほかにも、似たような用語として、骨軟部腫瘍で用いられる、「良・悪性中間腫瘍群」というカテゴリが存在する。

執筆: 河野貴子

防衛医科大学校病院 病態病理学講座 救命救急センター

執筆: 津田 均

防衛医科大学校 医学教育部医学科病態病理学講座教授 救命救急センター

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

関連する記事はありません。

1777単語公開中!

用語辞典トップへ