看護用語辞典 ナースpedia キーワード:TNM分類

TNM分類とは・・・

最終更新日 2018/05/28

TNM分類(てぃーえぬえむぶんるい、TNM classification)とは、がんの病期分類の一つである。

がんの治療方針決定のためには、病理組織の診断や病期分類が重要であり、そのためにさまざまな病期分類法がある。基本的には国際対がん連合(UICC)によって定められたTNM分類(UICC TNM分類)を指すが、日本の学会などで決められているがん取扱い規約でも、TNMの記号を用いた病期分類を使うことがあり、UICCの分類とは異なることもあるので混同しないよう注意が必要である。

UICC TNM分類は国際的に用いられている分類であり、T、N、Mはそれぞれ以下の内容を評価している。

・T:原発腫瘍の大きさや広がり

・N:所属リンパ節転移の有無と広がり

・M:遠隔転移の有無

全ての部位で組織学的に分類を確定する必要があり、臨床分類は治療前に得られた情報に基づきcTNM(臨床的TNM)として表記する一方、病理学的分類ではpTNM(病理学的TNM)として表記し、両者を区別する。T、N、Mの分類が決定されると、それに基づいて病期(ステージ)に分ける。なお、TNM分類は適宜改訂されており、版が違うと異なる分類になってしまう可能性があるため、注意が必要である。

原則として「T」ではT0で原発腫瘍なしを表し、原発腫瘍が大きくなるごと、または浸潤度が高くなるごとにT1からT4に分類される。「N」ではN0でリンパ節転移なしを表し、より広がりが大きくなるごとにN1からN3に分類される。「M」では遠隔転移があるかないかでM0かM1に分類される。評価不能な場合はXを用いる。具体的には、「T3N2M0」のように表記し、それに基づいてステージI~IVに分類されることが多い。また、それぞれに亜分類(さらに詳細な分類)があり、TNM分類ではaやbなどの小文字、病期(ステージ)ではAやBなどの大文字で表される(「T1a」や「ⅠA期」など)。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1257
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1146
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1069
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1029
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
898
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
646
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者265

酸素飽和度についての説明で、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.酸素飽和度とは、静脈内の赤血球中のヘモグロビンが酸素と結合している割合を示したものである。
  • 2.パルスオキシメータを用いて測定した値をSaO2、動脈血ガス分析で測定した値をSpO2という。
  • 3.SpO2が正常であれば、体内の酸素量は十分であると判断できる。
  • 4.健康な人の酸素飽和度は96~99%だが、酸素吸入時はSpO2を90%以上維持すれば通常は十分である。
今日のクイズに挑戦!