最終更新日 2018/04/18

RB遺伝子

RB遺伝子とは・・・

RB遺伝子(あーるびーいでんし)とはがん抑制遺伝子の一つで発がんに関わる重要な遺伝子であり、もともとは網膜芽細胞腫の原因遺伝子として発見された。

【多段階発がんとがん抑制遺伝子】
多段階発がんとは正常な細胞に複数の遺伝子異常が重なることで、段階的に正常な細胞ががん細胞化していくという考え方である。発がんに関与する遺伝子異常は、がん遺伝子とがん抑制遺伝子の二種類に生じる。がん遺伝子は細胞を増殖させるアクセルのような働きをし、がん抑制遺伝子は細胞分裂を停止させるブレーキのような働きをしている。これらの遺伝子異常が積み重なることで、がん細胞化し異常な分裂を繰り返すと考えられている。
これまでの研究からいくつかのがん抑制遺伝子が発見されており、p53遺伝子、RB遺伝子、APC遺伝子が代表的である。それぞれ細胞死の誘導、細胞増殖の抑制、DNAの修復において重要な役割を果たしていることが分かっている。

【RB蛋白と発がん】
RB遺伝子はがん抑制遺伝子であり、RB蛋白は細胞周期を制御している蛋白である。RB蛋白はリン酸化されることでE2Fという蛋白とともに、G1期(ギャップ1:準備期間)からS期(DNA合成)に移行することを抑制的に制御する機能(ブレーキ)をもつ。このRB蛋白の機能が障害されることで、細胞が分裂周期に入ることを制御しきれなくなり、異常な細胞分裂を繰り返してしまう。これが発がんのメカニズムと考えられている。
 

図1細胞分裂のサイクル

 

執筆: 松岡由典

京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 医療疫学分野 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ