看護用語辞典 ナースpedia キーワード:赤外線

赤外線とは・・・

最終更新日 2018/04/04

赤外線(せきがいせん、infrared rays)とは、光のスペクトルの赤色よりも波長が長いことで、目には見えない電磁波のことである。

波長によって近赤外線、中赤外線、遠赤外線に分類される。

・近赤外線:赤外線カメラや赤外線通信、家庭用リモコンに応用される

・中赤外線:化学物質の同定に用いられる

・遠赤外線:暖房や調理器具などに応用される

医療では、赤外線療法や温熱療法、サーモグラフィーに用いられる。赤外線の皮膚の透過性は数ミリから3センチ程度であり、赤外線を受けることで、皮膚温は上昇し、ただちに血管拡張が生じる。そのため照射後すぐに皮膚に温熱性の紅斑が生じるが、その温熱作用を利用することで、腰痛関節リウマチ、神経痛などの治療を行う。一方で、長時間強い赤外線に暴露されることで、熱傷を引き起こすこともある。赤外線の強さは痛みや熱さなどの皮膚感覚によって知ることができる。

執筆

水 大介

神戸市立医療センター中央市民病院  救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

「急性期ベッドが減る」って本当に本当なの?|看護roo!ニュース

次の改定、7対1看護の条件がさらに厳しくなるかも!?なぜかというと… [ 記事を読む ]

与薬原則の6つのR、言える?

与薬のミスを防ぐために…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師のお給料って安くないですか?

投票数:
1296
実施期間:
2019年06月28日 2019年07月19日

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1202
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1098
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1005
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
937
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
684
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者620

近年注目されている精神療法で、入院や薬物治療ではなく、対話を重視した治療方法をなんというでしょうか?

  • 1.家族療法
  • 2.リフレクティング
  • 3.オープンダイアローグ
  • 4.バイオフィードバック
今日のクイズに挑戦!