看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ミディアム

ミディアムとは・・・

最終更新日 2018/01/16

ミディアム(みでぃあむ、medium)とは、ステロイド外用薬の抗炎症作用の強さが中程度のことを指す。

ステロイド外用薬は、抗炎症作用の強さによって、5段階に分けられる(ストロンゲスト、ベリーストロング、ストロング、ミディアム/マイルド、ウィーク)。ミディアムに分類される外用薬は強さとしては弱い方から2番目にあたる。

一般的に、皮膚炎の症状の程度や年齢、部位に応じて外用薬は使い分ける必要がある。強さが合っていなければ、皮膚炎が治りきらなかったり副作用が出現したりする。

なお、海外ではランクづけが5段階ではなく、国によって異なるため、注意を要する。

日本皮膚科学会のアトピー性皮膚炎診療ガイドラインによると、ミディアムに分類されているステロイド外用薬は、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(リドメックス®)、トリアムシノロンアセニド(レダコート®)、アルクロメタゾンプロピオン酸エステル(アルメタ®)、クロベタゾン酪酸エステル(キンダベート®)、ヒドロコルチゾン酪酸エステル(ロコイド®)、デキサメタゾン(グリメサゾン®、オイラゾン®)がある。

【使用方法や注意点】
使用方法については、皮疹が軽度の紅斑、落屑程度であれば、ミディアムクラス以下の外用薬を、紅斑や落屑が中程度で、掻爬痕などが主体にあるような中等度の皮膚炎には、ミディアムおよびストロングクラスの外用薬を第一選択薬と考える。

また、顔面や頸部は薬剤吸収率が高く、ステロイド外用薬による局所副作用(皮膚萎縮、毛細血管拡張、ステロイドざ瘡など)の発症に特に注意する必要があるため、長期間の使用は好ましくない。そのため、ミディアムクラス以下のステロイド外用薬を使用することを原則とする。

もちろん使用方法は絶対的なものではなく、おのおのの症状に応じて使い分ける必要がある。

執筆

水 大介

神戸市立医療センター中央市民病院  救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりでいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

payサービス使ってる?

投票数:
1823
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1360
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1251
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1122
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1028
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
700
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5720

簡易血糖測定の方法について、正しい方法は、次のうちどれでしょう。

  • 1.簡易血糖測定には、主に静脈からの採血を用いて測定する。
  • 2.使用する血液の量は、直径2mmの半球程度の量でよい。
  • 3.医療従事者が患者さんの耳朶から血液を採取する際は、穿刺部位の安定を図るため、耳朶の裏に指を当てて、しっかり固定した上で穿刺する。
  • 4.血液が十分に採取できない場合は、穿刺部位を絞り出して採取する必要がある。
今日のクイズに挑戦!