最終更新日 2017/07/18

離被架

離被架とは・・・

離被架(りひか)とは、掛け布団など掛け物の重量による圧迫がかからないようにして、患部を保護するアーチ状の架台である。多くの種類があり、用途や部位に応じて選ぶ。段ボール箱などで代用する場合もある。あまりサイズの大きなものを使用すると、布団と体の間の空間が大きくなり患者が寒さを感じることがあるので注意が必要である。

■適用となる患者
手術後、ギプス装着中、牽引療法(※)中、点滴注射中、など。

※牽引療法(けんいんりょうほう)…引っ張る力を利用して行う治療である。骨折や脱臼の整復、関節疾患における安静や疼痛の緩和、関節拘縮の予防・矯正などを目的とする。皮膚や筋を介して牽引する介達牽引、骨に金属を刺入して牽引する直達牽引などの方法がある。

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

関連する記事はありません。

1777単語公開中!

用語辞典トップへ