最終更新日 2019/09/30

心胸比

心胸比とは・・・

心胸比(しんきょうひ、cardio thoracic ratio;CTR)とは、胸部X線画像において、胸郭(胸)で最も幅の広い部分の長さと、心陰影(心臓)の最も幅のある部分の長さの比のことである。心胸郭比と呼ばれることもある。心臓の拡大の程度を簡単に知ることができる便宜的な方法である。透析患者では、基準体重ドライウエイト、DW)を決める指標になる。

【算出方法】
正面から撮影された深呼吸時の胸部X線画像で、胸郭横径と心横径を計測し、その比率を百分率で表す。

【診断】
健常者成人では、50%以下が正常の目安とされ、50%以上であると心臓が大きい「心拡大」と判断されることが多い。

この場合、心不全などの可能性がある。超音波検査などの精密検査が行われることが多い。

 

引用参考文献
1)心臓が大きいと言われたら.国立循環器病センター 循環器病情報サービス.

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

関連する記事はありません。

1777単語公開中!

用語辞典トップへ