看護用語辞典 ナースpedia キーワード:易疲労性

易疲労性とは・・・

易疲労性(いひろうせい)とは、通常より疲れやすい体質のことである。(easy fatigability)。
身体をあまり使っていないのに疲れを感じるもので、少し歩いただけでも疲れたり、いつもの仕事や作業を続けるのが困難になったりする。

一般的には、仕事や生活における肉体的・精神的負担などで起こる。
しかし、休息をとったり、生活習慣を見直したりして改善を図っても、この体質が継続する場合、パーキンソン病や癌、心疾患などの深刻な疾患が隠されていることもある。疲れの感じ方や認識には個人差があるため、注意深く診察することが大事である。

【一般的な原因】
■ストレス
■睡眠不足
■偏食などによる栄養不足
■加齢
■喫煙

【関連する主な疾患】
易疲労性が症状の一つとされる主な疾患は以下のとおりである。

うつ病
不眠、倦怠感、認知機能の低下など様々な身体症状が起こる精神疾患。

重症筋無力症
自己免疫によって筋力が低下する

悪性貧血
ビタミン不足による貧血

高次脳機能障害
交通事故などによって起こる。
脳に原因があり疲れやすくなる。

アレルギーなどの慢性疾患
常に身体的負担がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

8問の採点除外は過去10年で最多

看護師国家試験の採点除外対象問題をまとめました。 [ 記事を読む ]

これって身体拘束?

身体拘束にあたる4つの基準とは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
308
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
285
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
265
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
235
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る