最終更新日 2019/09/30

アルコホーリクス・アノニマス

アルコホーリクス・アノニマスとは・・・

アルコホーリクス・アノニマス(あるこほーりくす・あのにます)とは、「匿名(anonymous)のアルコール依存症者たち(alcoholics)」と訳される自助グループ(※)の集まりである。(alcoholics anonymous:AA)。

1935年、ビル・ウィルソンとボブ・スミス医師によって米国で設立され、近年では世界中に存在し、メンバーは200万人以上、日本では約6000人と推定されている。

日本でのアルコール依存症の主な自助グループは「断酒会」とAAで、共にアルコール依存症者の集団精神療法の一つとして活用されている。
断酒会との違いは、組織化されておらず、実名を明かすことや家族が参加することはないなど、比較的自由度が高い。また、アルコール依存症に関わらず、飲酒をやめたいという意思があれば誰でもメンバーになれる。
宗教や政治等と無関係で、入会手続きや会費もない。

(※)ある障害や問題などを持つ者同士が多様なコミュニケーション等を通じて、その障害を乗り越えていくためのグループ

【目的】
本来の目的は、飲酒しなくても生きることである。
そのために、飲酒問題を抱える者同士で経験など様々なことを分かち合い、その問題を克服する。また、他のアルコール依存症者にも、この問題が克服できるように手助けをすることである。

【主な活動内容】
■ミーティング
アルコール依存症者の経験を語ることが主となっている。アルコール依存症者同士の場合や、一般人を交えたものなど、さまざまな方式でミーティングが行われている。

■プログラムの実行
アルコール依存症者から提案されたもので、12ステップを中心とした精神学、心理学的なプログラムである。この方法は、他の依存性にも活用されている。

執筆: 永澤成人

東京慈恵会医科大学医学部 看護学科老年看護学助教 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ