看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ニコルスキー現象

ニコルスキー現象とは・・・

最終更新日 2018/12/17

ニコルスキー現象(にこるすきーげんしょう)とは、皮膚に起きる症状の一つである。一見、正常に見える皮膚だが、表皮は薄く、こすると剥離や水疱が起きる。
天疱瘡(てんぽうそう)や中毒性表皮壊死症(TEN)などで見られる。

【天疱瘡に見られるニコルスキー現象】
天疱瘡の中で最も頻度が高い尋常性天疱瘡の約半数の症例で、口腔粘膜以外に、皮膚にも弛緩性水疱やびらんが起きることがある。皮疹が発生する度合いが高いのは、頭部や腋窩、鼠径部、上背部、殿部などの圧力のかかる部位であり、一見正常だが、圧力をかけると表皮が剥離し、びらんの状態(ニコルスキー現象)が起きる。

【中毒性表皮壊死症に見られるニコルスキー現象】
全身倦怠感と共に高熱が表れ、ほぼ全身の広い範囲で紅斑、水疱、表皮剥離、びらんが起きる重症の薬疹と推定されている。紅斑は、腋窩、外陰部、体幹などに出現し、軽く圧力をかけると表皮がはがれやすく、びらん(ニコルスキー現象)を生じる。

 

引用参考文献
1)天疱瘡(指定難病35).難病情報センター.
2)中毒性表皮壊死症(指定難病39).難病情報センター.

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

同期との関係~新人ナース~|マンガ・病院珍百景

友達?ライバル?仲間?…同期との距離感ってどのくらい? [ 記事を読む ]

SaO2低下でも酸素濃度を上げてはいけないのは、どんなとき?

振戦、痙攣など中枢神経障害が起こることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1419
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1304
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1179
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1098
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

あなたの職場ならではの「隠語」ってある?

投票数:
280
実施期間:
2019年09月20日 2019年10月11日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
861
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4561

Mallampati分類では、どのクラスから挿管困難と予想されるでしょうか?

  • 1.クラスI
  • 2.クラスII
  • 3.クラスIII
  • 4.クラスIV
今日のクイズに挑戦!