看護用語辞典 ナースpedia キーワード:デジタルX線撮影法

デジタルX線撮影法とは・・・

デジタルX線撮影法(でじたるえっくすせんさつえいほう)とは、X線(レントゲン)装置の中でも、フィルムを使用した従来の撮影に比べて放射線量の少ない撮影法である。
フィルムの代わりにコンピューターで画像を取り込み、画面上で診断する。
画像の濃度やコントラスト、拡大率を自由に変えることができるほか、一回のX線照射で、従来のX線写真では得られなかった軟部組織の情報も得ることができる。これにより、従来のX線装置で撮影したフィルムに比べて医師が得られる情報が増加した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

准看護師を選んだ理由で一番多いのは?

現状に不満は?将来像は?本音が集まりました。 [ 記事を読む ]

輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?

ルート内に空気が入った場合、どれくらいまで大丈夫? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

最近の新人教育の方針は?

投票数:
850
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
784
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
646
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3578

診療報酬と介護報酬とが同時改定になるのは、何年に1度でしょうか?

  • 1.4年
  • 2.6年
  • 3.8年
  • 4.10年
今日のクイズに挑戦!