看護用語辞典 ナースpedia キーワード:神経毒

神経毒とは・・・

最終更新日 2019/09/30

神経毒(しんけいどく)とは、摂取すると神経細胞に作用する毒のことである。ヘビやクモなどの生物が防御のために使用する毒に多いほか、植物に含まれるものもある。摂取した場合、しびれや筋肉麻痺、呼吸困難などの症状が急速に現れる。神経毒にはテトロドトキシンやスロトキシンなどがあり、毒によって作用する部位が異なる。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

看護師的ナイスフォロー!気が利く同僚たちをご紹介|看護師の本音アンケート

「めちゃくちゃ助かる!ありがとう!」と感激した同僚エピソード。みんなも経験ある? [ 記事を読む ]

患者さんが転倒骨折! 要介護5になった責任はどこに?

実際の医療訴訟をもとにナースが気をつけるポイントを解説。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
1398
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1379
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1196
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1121
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
979
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
906
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6678

◆看護技術・救急の問題◆気管挿管の介助で正しいのはどれでしょうか?

  • 1.標準的な成人男性に使用する挿管チューブの内径の太さは8.0~8.5mmである。
  • 2.成人の場合は、肩の下に枕を入れて声門が確認しやすい体位にする。
  • 3.挿管チューブは、パイロットバルーン内をカフ圧系で35cmH2Oに調整した。
  • 4.挿管後の聴診は、まず左右の呼吸音を聴いてから心窩部を聴く。
今日のクイズに挑戦!