最終更新日 2018/02/15

モンロー点

モンロー点とは・・・

モンロー点(もんろーてん)とは急性虫垂炎を示唆する圧痛点の一つである。圧痛点は診断時に圧迫すると痛みを発する部位のことである。

急性虫垂炎は虫垂管腔の閉塞や糞石などに腸内細菌の二次感染が加わった炎症性の疾患である。あらゆる年齢層に発生し得るが、10代後半から20代に好発し、腹痛の訴えがあった場合は必ず念頭に置く必要がある。

虫垂は右下腹部の盲腸の後面に位置し、先端は左上腹部を向いた状態にあるとされるが必ずしもこの位置にあるとは限らないのである。これは盲腸がどの程度回旋しているかで虫垂の位置は変化し、右側腹部や骨盤などに位置する可能性がある。このため右下腹部のみならず臍部、下腹部、右側腹部や初期には心窩部痛などを呈することがあり注意が必要である。

急性虫垂炎にはマックバーニー点、ランツ点キュンメル点、モンロー点という特徴的な圧痛点がある。

モンロー圧痛点は右上前腸骨棘と臍を結ぶ線の中間点を指し、腹直筋の外縁と交叉する部位に相当する圧痛点のことを指す。しかし、モンロー圧痛点を認めたとしても必ずしも虫垂炎とはかぎらず、腸閉塞など他の消化管疾患、尿管結石などの泌尿器科疾患、女性であれば子宮妊娠などの婦人科疾患の可能性を念頭に置く必要がある。このため、身体診察のみではなく採血、腹部超音波検査、CT検査などの検査を検討し、鑑別診断を含めた総合的な診療をしていく必要がある。

執筆: 鍋田陽昭

大船中央病院 消化器・IBDセンター 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ