1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. “コレ何だっけ?”な医療コトバ/エキスパートナース>
  4. バクテリアルトランスロケーション|“コレ何だっけ?”な医療コトバ

2017年10月19日

バクテリアルトランスロケーション|“コレ何だっけ?”な医療コトバ

『エキスパートナース』2015年4月号より転載。
バクテリアルトランスロケーションについて解説します。

バクテリアルトランスロケーションとは・・・

  • 絶食が続く場合によく聞くコトバ
  • なるべく腸管を使うことで予防

織田 順
(東京医科大学病院救命救急センター長・准教授)

〈目次〉

 

バクテリアルトランスロケーション(bacterial translocation)とは?

 

 

バクテリアルトランスロケーションはどんなとき起こる?

バクテリアルトランスロケーションはショック状態が遷延したあとや、高度重症状態免疫低下状態で起こりやすくなります。

 

バクテリアルトランスロケーションはなぜ起こる?(メカニズム)

バクテリアルトランスロケーションの機序としてはおおむね、以下が考えられています。

  1. 腸内細菌叢が異常に増殖
  2. 免疫不全状態
  3. 腸の粘膜の透過性亢進

通常では、菌はバリアを超えて移行することはできません。

しかし前記①~③のような要因で腸管から体内に移行すると、腸間膜リンパ節から肝臓、脾臓、腹腔へと移動します。重症な場合、例えば出血性ショック敗血症の際のエンド トキシンショックなどでは、菌が直接血流に入ります。

さらに最近、“菌そのもの”が腸管を通過しなくても、外来性物質(PAMPs[memo]、病原体関連分子パターン)が受容体にはたらき炎症過程を進行させるようなものも、広義のバクテリアルトランスロケーションととらえるように発展してきています。

memoPAMPs(pathogen-associated molecular patterns)

身体は菌が体内に入るとその抗原性を認識して攻撃するが、“菌まるごと”でなくとも、その“一部のパターンだけ”であっても反応して、攻撃を開始するようになっている。この一部パターンは本来、体内にはないものなので、「病原体関連分子パターン」と呼ばれる。

 

バクテリアルトランスロケーションとはどんな症状?

特異的な症状というよりは、全身的な炎症が進行する、ととらえるほうがよいでしょう。特異的な症状はありませんが、特に感染巣のない菌血症などではバクテリアルトランスロケーション併発の可能性があります。

 

バクテリアルトランスロケーションのポイント

「腸管が弱っているから休ませる」は間違い

バクテリアルトランスロケーションが疑われた場合、“バリアとしての腸管が弱っているから”、あるいは“腸内細菌叢が乱れているから”腸粘膜の安静を図る、したがって栄養投与は腸管を使わずに休ませる……というのは間違いです。

使用しなければ腸管粘膜はさらに弱ります。腸内細菌叢を整えていくためにも経腸栄養を適切に行っていくべきでしょう。

 

バクテリアルトランスロケーションにどう対応する?

循環管理と経腸栄養の使用が重要

バクテリアルトランスロケーションは「消化管粘膜のバリア機能」「腸内細菌」「免疫能」のバランスにより生じます(図1)。

図1バクテリアルトランスロケーションへの対応

バクテリアルトランスロケーションへの対応

 

このうち何らかの手が打てるのは、消化管粘膜のバリア機能を整えることと、腸内細菌叢を整えることでしょうか。そのため、まずは適切な臓器血流の維持(循環管理)と、できるだけ経腸栄養を使用することが重要でしょう。

プロバイオティクスと呼ばれる、善玉菌を経腸的に投与することにより正常細菌叢の回復をねらう治療方法(ビフィズス菌投与)もとられます。このように、経腸栄養が推奨されていることがわかります。

 

誤嚥を防ぐ

経腸栄養投与の際は誤嚥対策も重要です。米国版の栄養ガイドラインであるSCCM/ASPEN栄養管理ガイドライン(1) で述べられている、経腸栄養における誤嚥のリスク減少に関する推奨を表1(1)に挙げます。

表1誤嚥のリスクを減らすための手段

誤嚥のリスクを減らすための手段

 

 



[Profile]
織田 順(おだ じゅん)
東京医科大学病院 救命救急センター長・准教授
1993年大阪大学医学部卒業後、大阪大学医学部付属病院特殊救急部(現:高度救命救急センター)入局。国立東静病院(現:静岡医療センター)外科、大阪大学大学院博士課程、日本学術振興会特別研究員、米国Medical college of Virginia外科、中京病院救急科を経て、2007年より東京医科大学病院救命救急センター勤務。2009年よりセンター長。また、CVラインセンター長も務める。日本救急医学会専門医、指導医、評議員。

*略歴は掲載時のものです。


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2015照林社

P.34~35「バクテリアルトランスロケーション」

[出典] 『エキスパートナース』 2015年4月号/ 照林社

著作権について

この連載

  • サードスペース|“コレ何だっけ?”な医療コトバ [11/02up]

    『エキスパートナース』2015年4月号より転載。 サードスペースについて解説します。 サードスペースとは・・・ 術後、重症感染症、外傷でよく聞くコトバ 水分の血管外漏出を示す概念。解剖学的には存在しない ... [ 記事を読む ]

  • CO2ナルコーシス|”コレ何だっけ?”な医療コトバ [10/26up]

    『エキスパートナース』2015年4月号より転載。 CO2ナルコーシスについて解説します。 CO2ナルコーシスとは・・・ COPD、気管支喘息、結核の既往でよく聞くコトバ 肺炎、うっ血性心不全、気胸、術後な... [ 記事を読む ]

  • バクテリアルトランスロケーション|“コレ何だっけ?”な医療コトバ [10/19up]

    『エキスパートナース』2015年4月号より転載。 バクテリアルトランスロケーションについて解説します。 バクテリアルトランスロケーションとは・・・ 絶食が続く場合によく聞くコトバ なるべく腸管を使うことで...

  • 酸塩基平衡|“コレ何だっけ?”な医療コトバ [11/24up]

    『エキスパートナース』2015年4月号より転載。 酸塩基平衡について解説します。 酸塩基平衡とは・・・ 換気能低下、腎機能低下でよく聞くコトバ 血液ガス分析により確定されるが、リスクのある疾患では呼吸数や... [ 記事を読む ]

  • リフィーディング症候群|“コレ何だっけ?”な医療コトバ [11/17up]

    『エキスパートナース』2015年4月号より転載。 リフィーディング症候群について解説します。 リフィーディング症候群とは・・・ 静脈栄養・経腸栄養投与開始時によく聞くコトバ 特にリン・マグネシウム不足から... [ 記事を読む ]

関連記事

いちおし記事

「急性期ベッドが減る」って本当に本当なの?|看護roo!ニュース

次の改定、7対1看護の条件がさらに厳しくなるかも!?なぜかというと… [ 記事を読む ]

与薬原則の6つのR、言える?

与薬のミスを防ぐために…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師のお給料って安くないですか?

投票数:
1288
実施期間:
2019年06月28日 2019年07月19日

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1196
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1094
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1000
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
923
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
647
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4976

以下の中で、羊水過多の原因はどれでしょうか?

  • 1.妊娠糖尿病
  • 2.妊娠高血圧症候群
  • 3.Potter症候群
  • 4.胎児機能不全
今日のクイズに挑戦!