1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. シャワー、入浴はドレーンが 抜けるまでだめ?

2017年12月24日

シャワー、入浴はドレーンが 抜けるまでだめ?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「ドレーン挿入時期のシャワー、入浴」に関するQ&Aです。

シャワー、入浴はドレーンが抜けるまでだめ?

ドレーンが抜けていなくてもシャワー、入浴が可能な場合があります。

〈目次〉

 

術後のシャワー浴のめやすは?

シャワー浴が可能となるめやすは、

  1. ドレーンが抜去されている
  2. 手術後48時間以上経過している
  3. 創部の表皮形成がされておりドレッシング材が除去されていること

です。しかし、これ以外でも、ドレッシング材で覆っていて48時間経過していれば可能なこともあります。

創部は、術後48〜72時間で上皮化によるバリア機能ができるといわれています。上皮化すれば体外からの汚染によって創感染が発症することはありません。よって、創部の上皮化が完成し、ドレッシング材が除去される術後48時間以降にシャワー浴を許可されることがあります。

また、完全にドレッシング材が除去されていない場合でも、担当医の許可があれば防水処置が施されたドレッシング材で創部を完全に被覆し、シャワー浴を行う場合もあります。

入浴は、ドレッシング材がすべて除去され、ドレーンが抜去され挿入部が閉鎖されたときとする場合が多いでしょう。

 

術後にシャワー浴を行う際の注意点

ドレーンが挿入されている場合は、フィルムドレッシング材を貼って挿入部を濡らさないようにします(図1)。皮膚が清潔に保たれていることにより感染予防ができるとともに、シャワー浴の温熱効果やマッサージ効果などにより血流がよくなり、創部の治癒が促進されるためです。

図1フィルムドレッシング材による創部の保護

フィルムドレッシング材による創部の保護

 

医師の許可が出ない場合や、シャワー浴に対して患者の抵抗がある場合は、皮膚保湿清浄クリーム(リモイス クレンズ)を用いてドレーン挿入部周囲の清拭を行うなど工夫をします。清潔を保持し、爽快感を得るため、ドレーンが抜去されるまでは清拭などを行いましょう。

 


[文献]

  • (1)竹末芳生編:手術部位感染(SSI)対策の実践. 医薬ジャーナル社,大阪,2005.
  • (2)竹末芳生,藤野智子編:エキスパートナース・ガ イド 術後ケアとドレーン管理.照林社,東京, 2009.

[Profile]
黒岩志津
大阪市立総合医療センター看護部


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』(編著)西口幸雄/2014年5月刊行

術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

国試、合否のボーダーラインは?【過去10年データ】

看護師国試お疲れ様でした!この記事で過去のボーダーを確認できます! [ 記事を読む ]

MMTの測定方法

各関節の評価のポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

心電図、得意?苦手?

投票数:
1467
実施期間:
2019年02月05日 2019年02月26日

あなたを救ったこの1曲

投票数:
1312
実施期間:
2019年02月08日 2019年03月01日

今だから言える!国試の「失敗」教えてください

投票数:
1167
実施期間:
2019年02月12日 2019年03月05日

国試合格のためにやった験担ぎは?

投票数:
1144
実施期間:
2019年02月15日 2019年03月08日

国試が終わった日、どう過ごした?

投票数:
994
実施期間:
2019年02月19日 2019年03月12日

手指消毒、1日に何回してる?

投票数:
693
実施期間:
2019年02月22日 2019年03月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者355

60歳女性。子どもたちは独立し、定年を迎えた夫と二人暮らしをしています。犬の散歩中につまずき、股関節の痛みが続いたため、あなたが勤めている整形外科医院を受診しました。幸いにも骨折の所見はなく、自宅へ帰宅することになりました。しかし、整形外科医から骨粗しょう症の指摘を受けていたので、あなたは帰宅後の生活指導を行うことにしました。この患者さんの生活指導として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.骨粗しょう症の危険因子である喫煙や過度の飲酒があるかどうかを確認し、控えるように指導した。
  • 2.骨粗しょう症による骨折の好発部位である指先や足先に注意して生活するように指導した。
  • 3.カルシウム、ビタミンDのほか、リンを多く含む食品をよく摂取するように指導した。
  • 4.運動療法は疲労の原因や関節への負担になるので、室内でのストレッチ程度にするように指導した。
今日のクイズに挑戦!