1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド>
  4. 吸引器|ドレナージに用いられる器具 | ドレーン・カテーテル・チューブ管理

2017年05月07日

吸引器|ドレナージに用いられる器具 | ドレーン・カテーテル・チューブ管理

ドレーン・カテーテル・チューブ管理 完全ガイド

ドレーンカテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。

今回はドレナージに用いる吸引器について説明します。

 

Point

  • 感染リスクを考慮して、現在の術後管理においては閉鎖式ドレーンが一般的である。
  • ドレーンに接続する吸引器には、主に「電動式低圧持続吸引器」「チェスト・ドレーン・バックシステム」「機械式吸引システム」の3タイプがある。
  • ドレナージ部位によって、適切な吸引圧の製品を選択、使い分けることが重要である。

 

〈目次〉

 

はじめに

近年、手術部位感染(SSI)に対する関心が高まるとともに、ドレーン管理についての考え方も変わってきた。米国疾病管理予防センター(CDC)の感染対策ガイドラインにおいては、閉鎖吸引式ドレーン(低圧持続吸引システム)を用いることが推奨されている。開放式ドレーンでは逆行性感染によるSSIを増加させることが証明され、現在では、ほとんどの手術で閉鎖式ドレーンが一般的となっている。

ドレーンに接続する吸引器は、主に3タイプ(表1)に分類できる。

ドレナージの部位によって、吸引圧の違いを考慮して吸引器の使い分けが必要である。

表1ドレーンに接続する吸引器

ドレーンに接続する吸引器

 

 

電動式低圧持続吸引器(図1

図1電動式低圧持続吸引器の例

電動式低圧持続吸引器の例

 

腹腔内あるいは胸腔内に貯留した分泌物を、持続的に体外に誘導するための吸引器である。

吸引圧や吸引時間を自由に設定できるため、間欠的な持続吸引も可能となる。

 

チェスト・ドレーン・バックシステム(図2

図2チェスト・ドレーン・バック

チェスト・ドレーン・バック

 

胸腔ドレーン用に開発されたもので、吸引器(壁配管の吸引器や吸引ポンプ)に接続して、設定した吸引圧で低圧持続吸引ができる装置である。

「排液を貯留する部分(排液ボトル)」「水封室」「吸引圧設定部」の3つのチャンバーで構成されており、水封部に水を入れることによって、外気が逆流しないしくみとなっている。また、吸引圧設定部に注入する水の量によって、吸引圧を自由に設定することができる。

 

機械式吸引システム(低圧持続吸引システム)

J-VAC®ドレナージシステムやマルチチャネルドレーンシステムなどのドレーンシステムは、用途によって吸引圧の異なるタイプの吸引器が存在する。

いずれのシステムも、持続的に吸引圧を発生させる機構と逆流防止弁が組み込まれている。

 

1バネ式吸引器(図3-①)

図3機械式吸引システム(一例)

機械式吸引システム(一例)

 

金属製のバネの働きにより、持続的な吸引圧を作り出すシステムである。

吸引圧は比較的高い。

 

2バルーンによる吸引器(図3-②)

SBバック®に代表される吸引器で、「吸引ボトル」と「排液ボトル」の2つのチャンバーからなり、吸引ボトルを陰圧にしてバルーンを膨張させ、バルーンの復元力によって陰圧を作り出すシステムである。

吸引圧は常圧用と低圧用の2種類が存在するため、用途によって使い分けができる。

 

3シリコンバルブ型リザーバー(図3-③)

シリコンの排液リザーバーを凹ませて吸引チューブを接続し、リザーバーの復元力で陰圧を作り出すシステムである。

吸引圧は、バネ式やSBバック®タイプに比べて低い。

 

4クリオドレーンバック®図3-④)

腹腔内のドレナージ用に開発された持続吸引システムで、排液バックの手前のゴム球を凹ませて超低圧吸引をかける。

チューブが満たされたあとは、ゴム球を凹ませなければ、腹圧や落差圧を利用した排液方法に切り替えられる。

 


[Profile]
三木健司
JR東京総合病院消化器外科部長

*略歴は掲載時のものです。


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2015照林社

[出典] 『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド第一版』 (編著)窪田敬一/2015年7月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

  • FASTのエコー像(右胸腔、左胸腔) [10/26up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTのエコー... [ 記事を読む ]

  • 総目次:抗がん剤A・B・C [05/24up]

    はじめに 連載『抗がん剤A・B・C』では、岡山大学病院で抗がん剤治療に携わっている各分野の先生方に、主要ながん種のレジメン23種についてわかりやすく解説していただきました。 特に、抗がん剤による副作用のマネジメン... [ 記事を読む ]

  • ケリー鉗子|鉗子(6) [02/05up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『ケリー鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説して... [ 記事を読む ]

  • 肺活量測定が呼吸機能測定に欠かせないのはなぜ?|呼吸器に関するQ&A(3) [04/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「呼吸」に関するQ&Aの3回目です。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈前回〉 深呼吸をすると呼吸が楽なのはなぜ?   〈目次... [ 記事を読む ]

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1248
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1138
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1057
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1014
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
868
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
568
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2901

急性心筋梗塞後、心収縮能低下を代償するために心筋リモデリング(左室内腔の拡張)が起こります。以下のうち、心筋リモデリングの予防のために内服する薬はどれでしょうか?

  • 1.エナラプリルマレイン
  • 2.ループ利尿薬
  • 3.クロピトグレル
  • 4.カルベジロール
今日のクイズに挑戦!